映画「X-MEN:ダークフェニックス」ネタバレ感想 あらすじや見どころ紹介!

スポンサーリンク

ついにX-MENシリーズがこの映画で完結しました。今後はMCUでシリーズをスタートさせる予定とのことで、20世紀FOX版のX-MENはこれにて終了です。

今回はX-MENシリーズ最後の作品「X-MEN:ダークフェニックス」を紹介します。ネタバレ要素があるので、ご注意ください。

結論から言いますと全体的に悪くはないのですが、X-MEN最後の作品に相応しいかと聞かれたら、ビミョーなところですね。

スポンサーリンク

X-MEN:ダークフェニックス あらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

X-Men Moviesさん(@xmenmovies)がシェアした投稿

マーベルコミック原作の大ヒット作「X-MEN」シリーズの7作目で、原作コミックでも重要な作品として名高い「ダーク・フェニックス サーガ」を映画化。X-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生のジーン・グレイだったが、ある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、抑え込まれていたもうひとつの人格「ダーク・フェニックス」が解放されてしまう。ジーン自身にも制御不能なダーク・フェニックスは暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れる。大ヒットテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で注目され、前作「X-MEN:アポカリプス」でジーン役に抜てきされたソフィー・ターナーが、今作でも再び同役を演じる。そのほか、プロフェッサーX役のジェームズ・マカボイ、マグニートー役のマイケル・ファスベンダー、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスら、おなじみの豪華キャストが出演。これまでの「X-MEN」シリーズや「デッドプール」「LOGAN ローガン」などで製作や脚本を務めてきたサイモン・キンバーグがメガホンをとり、長編映画監督デビューを果たした。

X-MEN:ダークフェニックス 主要登場人物

ジーングレイ(フェニックス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

X-Men Moviesさん(@xmenmovies)がシェアした投稿

今作の主役。宇宙での救助活動中に、太陽フレア(のようなもの)を自身の身体に吸収してしまい、ダークフェニックスへと覚醒していきます。

間違いなくマーベル「映画」の中では最強クラスの強さでした。誰も暴走したジーンにかなわないと思います。

プロフェッサーX

 

この投稿をInstagramで見る

 

X-Men Moviesさん(@xmenmovies)がシェアした投稿

最強のテレパシー能力を操る人物。今作ではジーンのことがきっかけで、他のメンバーから責められたり、ジーンに止めを刺されそうになったりと、とにかく大変なことになります。

最後のあのシーンはとてもよかった。

マグニートー

 

この投稿をInstagramで見る

 

X-Men Moviesさん(@xmenmovies)がシェアした投稿

最強クラスのミュータントで、プロフェッサーXとは親友であり敵でもある。

今作でも愛する人を失うことに……

X-MEN:ダークフェニックス 感想・見どころ紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

X-Men Moviesさん(@xmenmovies)がシェアした投稿

ここからは映画「X-MEN:ダークフェニックス」の感想・見どころを紹介していきます。また同時に、この映画の良い点と悪かった点を紹介していきます。

良かった点

ダークフェニックスの強さが恐ろしい・見せ方がうまかった

この映画の注目ポイントはやはりジーングレイの覚醒です。

覚醒してから物語の終盤まで、最強クラスの能力を観客に見せつけてきます。

マグニートの能力よりも上で、プロフェッサーXのテレパシー能力も通じない、敵の攻撃で身体を貫かれても再生するなど、とんでもない性能だと誰もが思ったはず。

見ていて恐ろしいが、能力の見せ方がうまいなと思いました。

ダークフェニックスの能力はこちらの記事を見てください!

ジーングレイに対してみんなの反応が優しい

ジーンはダークフェニックスへ覚醒後、自分で能力を制御できなくなります。

そのことで周りのメンバーに危害を加えてしまい仲が悪くなるかと思いきや、最終的にはマグニートを含むX-MENのメンバーがジーンを助けようとするところがよかったです。

特に一番優しかったのは、ミスティークだったと思います。冒頭の宇宙での救出作戦の時、ジーンが必要だとプロフェッサーに言われた場面でジーンを心配していたし、覚醒後の市街地での戦いでも最後まで、ジーンを説得しようとしていたのが泣けます。

ミスティークありがとう。

悪かった点

完結編と言われてもしっくりこなかった

「X-MEN:ダークフェニックス」でシリーズが完結するはずですが、全体を通してみると完結ってほどの内容ではありませんでした。

たしかにダークフェニックスは、最強クラスの敵ということで間違いなかったのですが、ジーンは自分で能力を制御できないだけなので、完全に悪とは言えないポジションにいました。

また裏で暗躍している謎の宇宙人(名前がわからん)があんまり強くなかったのが、がっかりしたポイントです。明確なラスボスがいない映画でした。

まとめ

今回は映画「X-MEN:ダークフェニックス」のネタバレ感想を書いていきました。

完結編とは言えない内容でしたが、戦闘シーンや能力の見せ方はとても素晴らしかったです。

しばらくX-MENシリーズは休止して、今後MCU作品として再スタートをする予定です。

評価 ☆☆☆☆☆☆☆  7/10 ありがとうX-MEN!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは!ダイチという者です! このブログでは自分が気になったことや体験したことをゆる~~~く発信していくブログです。 主に映画関係の記事が多くなると思います。