スポンサーリンク

どうもダイチです!

ついに2018年11月2日に映画「ヴェノム」が公開されましたね!

今回公開されたばかりの「ヴェノム」の感想を記事にしました。今回の記事はネタバレはありませんので、安心して見てください。

映画を見る前は映画のポスターや予告編を見て、かなりグロテスクなシーンや暗い展開が多いのだろうと思っていましたが、実際に見てみた感想としてはバディムービーのシーンが多く、グロテスクなシーンは一部のみとなっていました。

予想していたより明るめの作品となっています。

 

ここから「ヴェノム」のあらすじ、登場人物、感想を順番に書いていきます。

 

スポンサーリンク

映画「ヴェノム」あらすじ

スパイダーマンの宿敵として知られるマーベルコミックの人気キャラクター「ヴェノム」を、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ダンケルク」のトム・ハーディ主演で映画化。

サム・ライミ監督作「スパイダーマン3」にも敵として登場したヴェノムを、「ゾンビランド」「L.A. ギャング ストーリー」のルーベン・フライシャー監督のメガホンで、新たなダークヒーローとして描く。

「誰もが望む、歴史的偉業」を発見したというライフ財団が、ひそかに人体実験を行い、死者を出しているという噂をかぎつけたジャーナリストのエディ・ブロック。

正義感に突き動かされ取材を進めるエディだったが、その過程で人体実験の被験者と接触し、そこで意思をもった地球外生命体「シンビオート」に寄生されてしまう。

エディはシンビオートが語りかける声が聞こえるようになり、次第に体にも恐るべき変化が現れはじめる。

引用元:https://eiga.com

「ヴェノム」登場人物紹介

エディ・ブロック  トムハーディ

この映画の主人公。優秀な記者だったがある事件をきっかけに恋人と職を失う。その代わりにとてもかわいい寄生体が身体に住み着きました(笑)

ヴェノム 

宇宙から飛来したシンビオートの一匹。

エディに取りついてからエディの身体を気にいります。エディの発言に怒ったり、常にエディに語り掛けてくるなどバリエーション豊かです。

アン・ウェイング  ミシェル・ウィリアムズ

エディのガールフレンドだったがある事件をきっかけに別れます。ただ別れた後もエディの心配をする一面も見れます。

行動力がすごい女性です。

カールトン・ドレイク  リズ・アーメッド

ライフ財団のリーダーで、シンビオートの実験を行っています。

死人が出てるのに平気で人体実験を行うかなりやばいお方。

 

映画「ヴェノム」感想

この記事の最初にも書いたのですが、映画を見る前は予告編やポスターを見てグロテスクな部分やシリアスな展開が多いのかなと予想していたのですが、良い意味で裏切られました。

 

物語の序盤は人体実験のシーンなど暗めの展開が多かったのですが、後半になるにつれエディとヴェノムの絡みが面白く、アクションも十分楽しめました。

この映画最大の魅力は何と言ってもヴェノムがとてもかわいいことだと思います!映画見終わったら絶対「ヴェノム可愛かった」と言うことでしょう。

「ヴェノムって見た目めちゃ怖いじゃん」「人喰うだろ?」といった声が出てきそうですが、映画を見たらイメージが変わると思います。

エディの身体が傷ついたら治してあげたり、常に腹を空かせてたり、エディと喧嘩したりとほんと感情豊かですw

公式Twitterはかわいいと言われるのが嫌だそうです(笑)

 

この映画の残念な点はヴェノムがなぜ地球を気に入ったか、仲間を裏切ってまでエディの味方をするのかその辺の掘り下げが全くなかったことです。

ある程度推測することはできますが、その辺のシーンがあったらもっと良くなったと思います。

 

映画「ヴェノム」感想まとめ

今回は映画「ヴェノム」感想を記事にしました。

予告編やポスターから怖い映画なのかなと思うかもしれませんが、そんなことはなく誰にでもオススメできるダークヒーロー映画となっています。

 

まだ映画を見ていない方は公開が終わる前にぜひ劇場へ足を運んで見てください!!

 

評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆   8/10  オススメ!!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です