TOHOシネマズの料金は高い?外国の映画館と比較してみた!

スポンサーリンク

あなたは映画館で映画をよく見ますか?

「よく見ます!」「家でDVDしかみてない」など様々な方法で映画を見ていると思います。

そんな中映画館大手の「TOHOシネマズ」が2019年6月1日から料金を値上げするというニュースが流れました。

「料金高すぎない?」「映画館で見るのやめるわ」と様々な意見が出ています。今回のニュースを聞いて疑問に思ったのが、「海外の映画館はどれぐらいなのだろう」と思いました。

そこで今回「TOHOシネマズ」の料金は海外の映画館の料金と比べて高いのか調べてきました。

結論から言いますと、日本は他の国に比べても映画館の料金が高い部類に入ることがわかりました。

なぜ日本は映画館の料金が高いのか調べていくうちに、ある理由から映画館の料金が高くなってしまうことがわかりました。

その理由を今回紹介していきます。

それでは見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

TOHOシネマズの料金

まずTOHOシネマズの料金について紹介していきます。

TOHOシネマズの一般料金は以下のようになっています。

 

TOHOシネマズ料金一覧

通常料金
一般

General

¥1,800

大学生

Student(College)

¥1,500

※学生証をご提示いただく場合がございます。

高校生

Student(High School)

¥1,000

※学生証をご提示いただく場合がございます。

中 / 小学生

Student(Jr.High,Elementary)

¥1,000

幼児(3才~)

Child(3 & up)

¥1,000

※一部作品において2才より幼児料金をいただく場合がございます。

プレミアラグジュアリーシート

Premier luxury seat

ご鑑賞料金+¥3,000

プレミアラグジュアリーシート 料金例
一般1,800円+3,000円=4,800円

プレミアボックスシート

Premier box seat

ご鑑賞料金+¥1,000

プレミアボックスシート 料金例
一般1,800円+1,000円=2,800円

DOLBY ATMOS 追加料金

DOLBY ATMOS Charge

ご鑑賞料金+¥200

※DOLBY ATMOS 料金例
一般1,800円+200円=2,000円

IMAX® 追加料金

IMAX®

ご鑑賞料金+¥500

※IMAX® 料金例
一般1,800円+500円=2,300円

MX4D® 追加料金

MX4D® Charge

ご鑑賞料金+¥1,200

※MX4D® 料金例
一般1,800円+1,200円=3,000円
※身長100cm未満の方はご鑑賞いただけません。

※レイトショー及び、ナイトショーの割引きはございません。

1作品見るのに1800円は、人によって高いか安いか意見がわかれますよね。

さらに「IMAX」や「MX4D」など特殊なオプションがついている映画はさらに料金が高くなります。

 

TOHOシネマズの割引サービス

続いてTOHOシネマズの割引サービスについて紹介していきます。

TOHOシネマズの割引サービスは以下のようになっています。

 

TOHOシネマズ割引サービス一覧

TOHOシネマズデイ

TOHO Cinemas Day(14 of the month)

¥1,100

毎月14日は、映画が1,100円!

シネマイレージデイ
Cine MILEAGE Day(members only,every Tuesday)

¥1,400

毎週火曜日・会員限定

ファーストデイ

First Day(first day of the month)

¥1,100

毎月1日は、映画が1,100円!
(映画の日:12月1日は1,000円)

auマンデイ

au monday
(“au smartpass”“au smartpass premium”&“videopass”members only,every monday)

一般・大学生¥1,100
高校生以下¥900

毎週月曜日・auスマートパス・auスマートパスプレミアムまたはビデオパス会員

レディースデイ

Ladies’ Service Day(every Wednesday)

¥1,100

毎週水曜日は、女性1,100円!

シニア割引

Senior(60 & up)

¥1,100

60歳以上の方は入場料1,100円
※年齢確認のための証明できるもの(運転免許証等)をご提示をお願いする場合がございます。

夫婦50割引

Marriage 50 Discount(One person over 50 years old)

お2人で¥2,200

(どちらかが50歳以上のご夫婦お2人で、同一日時・同作品をご鑑賞の場合)
※年齢確認のための証明できるもの(運転免許証等)をご提示をお願いする場合がございます。

障がい者割引

Disabled Person

¥1,000

※付き添い1名様まで同料金。
※割引をご利用の方は障がい者手帳のご提示をお願いいたします。
(割引が適応される手帳:障がい者手帳、療育手帳、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳)

ファーストデーは大体どこの映画館でもあるサービスで、TOHOシネマズデーは毎月14日に安く映画を見ることができる、TOHOシネマズ限定の割引サービスです。

auスマートパス会員やシネマイレージ会員になっていると、さらにお得に映画を楽しめます。

 

外国の映画館の料金

先ほどはTOHOシネマズの料金を紹介しましたが、次は海外の映画館の料金を紹介します。

莫大な製作費をかけるハリウッド映画の原作国アメリカは、600円~700円が映画料金の相場となっています。

北欧などでも映画料金は1600円前後。ヨーロッパの映画産業の中心国フランスでは、アメリカ同様700円が相場です。

韓国とシンガポールで800円、中国は地域にもよりますが1100~1500円。その他の東南アジア諸国では500円が相場です。

インドの映画料金は320円が相場。場所によっては何と30円で見ることができる場所もあるとのこと!

ただ空調などがとても悪い映画館となっています。

各国の映画館の料金を一部紹介してきましたが、やはり日本は他の国に比べて、映画館の料金が高いことがわかりますよね!

 

なぜ日本の映画館は料金が高いのか?

日本の映画館の料金が高いのはいくつかの理由があります。

主な理由は

  • 松竹や東宝などの映画大手が独占体制をしているため、大手チェーンが値下げを許可しないとなかなか値下げができない

 

  • 映画館は配給会社からフィルムを提供してもらうため、配給会社が拒否をすれば値下げができない。

という理由が大きな原因となっています。

 

まとめ

今回はTOHOシネマズの映画料金の紹介と、海外の映画館との料金比較をしました。

日本は他の国に比べ圧倒的に料金が高いことがわかりました。

今後もどんどん値上げしてしまうのでしょうか?個人的に一番利用しやすい値段は1000円ぐらいの値段がちょうどよくて、映画館に来るお客さんもかなり増えると予想しています。

または値段は高くてもいいので、会員になっている方に特別なクーポン(MX4D半額やポップコーン無料など)や2本だてで映画を公開すれば、利用客が増えると思います。

「もう映画館利用しない!」「家で映画見るわ」という方は動画配信サービスで映画を見るのもありでしょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは!ダイチという者です! このブログでは自分が気になったことや体験したことをゆる~~~く発信していくブログです。 主に映画関係の記事が多くなると思います。