映画「スパイダーマン:ファーフロムホーム」ネタバレなし+あり感想 エンドクレジット後の映像も紹介!

スポンサーリンク

「エンドゲーム」のその後の世界を描いた作品「スパイダーマン:ファーフロムホーム」を初日に見てきました。

結論から言いますとフェーズ3の最後に相応しく、ピーターの成長が見れる作品となっています。「最高のスパイダーマン映画」と評価が高い口コミが多いです。

今回は映画「スパイダーマン:ファーフロムホーム」のネタバレ感想を紹介していきます。

前半は「ネタバレなし」の感想を、後半は「ネタバレあり」の感想を書いていくので、まだ見ていない方は前半部分で離脱してください。

スポンサーリンク

「スパイダーマン:ファーフロムホーム」あらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Spider-Man: Far From Homeさん(@spidermanmovie)がシェアした投稿

若手俳優のトム・ホランドが新たにスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じ、「アベンジャーズ」を中心とした「マーベル・シネマティック・ユニバース」の世界に参戦した「スパイダーマン ホームカミング」の続編。「アベンジャーズ エンドゲーム」後の世界を舞台に、スパイダーマンこと高校生のピーター・パーカーが真のヒーローへと成長していく姿を描く。夏休みに学校の友人たちとヨーロッパ旅行に出かけたピーターの前に、元「S.H.I.E.L.D.」長官でアベンジャーズを影から支えてきたニック・フューリーが現れる。一方、ヨーロッパの各都市をはじめ世界各国には、炎や水など自然の力を操るクリーチャーが出現。世界に危機が迫るなか、ニックは「別の世界」からやってきたという男ベックをピーターに引き合わせる。監督は、前作に続いてジョン・ワッツが務めた。ベック役に「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホール。

引用:映画.com

「スパイダーマン:ファーフロムホーム」登場人物

 

この投稿をInstagramで見る

 

Spider-Man: Far From Homeさん(@spidermanmovie)がシェアした投稿

「スパイダーマン:ファーフロムホーム」に登場するメインキャラクターたちを紹介します。

ピーターパーカー/スパイダーマン

親愛なる隣人スパイダーマン。今作では修学旅行をエンジョイする予定だったが、旅先でトラブル発生したり、M.Jとの間に恋のライバルが出現したりと大忙し。

M.J

ピーターがデートしたい相手。クールな印象を持っているが実は……

ネッド

ピーターがスパイダーマンだと知っている唯一の人物で、ピーターをサポートする非常に優秀な人。

クエンティン・ベック/ミステリオ

新キャラクター。別次元からやってきた人物で、スパイダーマンと共に敵と戦う。

ニック・フューリー

シールドの長官。今作ではピーターにある任務を与えます。

ハッピー・ホーガン

トニーの友人。メイおばさんとは仲がいい?

「スパイダーマン:ファーフロムホーム」感想&見どころ紹介(ネタバレなし)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Spider-Man: Far From Homeさん(@spidermanmovie)がシェアした投稿

ここからは「スパイダーマン:ファーフロムホーム」の感想と見どころを紹介していきます。同時にこの映画の「良い点」と「悪い点」も紹介します。

ネタバレ要素はないので、安心して見てください。

良い点

インフィニティ・サーガを締めくくるのにふさわしい作品

「アベンジャーズ/エンドゲーム」でインフィニティ・サーガが終わったと思っていましたが、この作品で本当の完結を向かえます。

「ファーフロムホーム」はエンドゲーム後の世界を描いていて、サノスの指パッチンの影響で世界はどうなったのかが判明します。

アイアンマン(トニー)がいないので、世界の人々は次のアイアンマンを求めています。ピーターはトニーの意思を継ぐのか注目です。

新キャラ「ミステリオ」がかっこいい!

「ファーフロムホーム」では新キャラクター「ミステリオ」が登場します。予告編を見ていると、エレメンタルズという敵と戦っている場面があります。

原作では敵キャラとしてスパイダーマンを苦しめましたが、今作はスパイダーマンと共闘します。

戦っている姿はとてもかっこよくて、便りになるピーターの師匠的ポジションのキャラでした。

MJとの恋の行方は?

ピーターたちは修学旅行に行きますが、ピーターは同じクラスメイトのMJをとても気にしています。

MJに告白しようとしますが途中で邪魔が入ったり、ニック・フューリーに呼ばれたりと大忙しです。

果たしてピーターは無事MJに告白できるのでしょうか?

エンドクレジット後の映像が衝撃的

MCU映画恒例のエンドクレジット後の映像は今作もあるのですが、かなり衝撃的な内容でした。

2つ映像があるのですが、フェーズ4の作品に大きく関わるような内容でした。

エンドクレジット後の映像解説は、この記事の最後に書いてありますので、ぜひ劇場で映画を見てから記事を見てくださいね。

悪かった点

「ファーフロムホーム」の悪かった点ですが、1つだけありました。ただネタバレになるので、ここでは書きません。(詳しくは下の「ネタバレ感想」の項目で)

それ以外は、完璧でした。「最高のスパイダーマン映画」に相応しい内容で大変満足です。

まとめ

今回は映画「スパイダーマン:ファーフロムホーム」のネタバレなし感想を書いてきました。

前作を超える内容と、ピーターの葛藤・成長が見れる作品となっています。まだ見ていない方はぜひ劇場で見てください。

 

ここから先ネタバレ注意!!!

 

 

 

「スパイダーマン:ファーフロムホーム」ネタバレあり感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

We’re just going to say this: #SpiderManFarFromHome in @IMAX is one of the best ways to experience this movie. 👏 Guaranteed 👏 [🎟🎟 = link in bio]

Spider-Man: Far From Homeさん(@spidermanmovie)がシェアした投稿 –

ここからは「ファーフロムホーム」のネタバレ感想となります。映画を見て思ったことをどんどん書いていくので、まだ見ていない方は、劇場で見てからもう一度この記事を見てください。

「ファーフロムホーム」ネタバレ感想

エンドゲーム後の世界はいろいろと大変な事態に

「ファーフロムホーム」は「エンドゲーム」の後の世界を描いています。

サノスの指パッチンの影響で、ピーターが通う高校の生徒も何人か消滅して、ハルクの指パッチンで元に戻ったときには5年の歳月が流れていました。

つまり指パッチンの影響を受けなかった者と5歳ほど年齢が違うというややこしい事態となっていました。

今まで陰が薄かった人物(名前忘れた)が、5年の歳月を経てイケメンになり女子にモテモテなどいい影響(?)もありました。

ピーター葛藤・成長が見れて大満足!

エンドゲームの戦いで、トニーは命を失います。

トニーがいない世界で、ピーター(この時はアイアンスパイダーのスーツで登場)は人々から「アイアンマンの跡を継ぐのですか?」と言われ混乱していました。

まだ高校生のピーターには、アイアンマンの魂を継ぐ覚悟が決まっていませんでした。

その後ベッグ(ミステリオ)と共闘し悩みを打ち明け、裏切られピーターはかつてないほどメンタルをボロボロにされます。

しかしハッピーから、「トニーが君を信頼していた」「全てを託した」ことを告げられると、再びメンタルを取り戻しベッグの野望を阻止します。

「ホームカミング」では、ピーターが1人のヒーローとして目覚めていく過程が描かれていましたが、今回はトニーという師匠を失ったこととどう向き合っていくのかが描かれていました。

ハッピーの株がさらに急上昇

「ファーフロムホーム」で一番活躍したなと個人的に思っているキャラは、ハッピーです。

映画「アイアンマン」で登場した時と比べると、頼りになるキャラに成長していて、今作はピーターの良き相談相手となっていました。(まるで父親w)

「ホームカミング」の時はピーターにきつくあたっていましたが、「ファーフロムホーム」ではピーターに優しく接しているという変化が見られ、思わず泣きそうになりました。

ハッピーは他にも、ニック・フューリーに電話で暗号を伝えたり、クインジェット(?)でMJたちを救出しに行ったり(破壊されてしまうが)と、かなり活躍していて今作のMVPではないかと思いました。

強敵ミステリオ

まさかのヴィランだったミステリオ(大体予想できたが)ですが、かなりの強敵でした。

ベッグ(ミステリオ)は映画「シビルウォー」で登場したB.A.R.F.システムの研究者(?)の1人で、トニーがこのシステムを馬鹿にしたことで、トニーに恨みを持っていました。

このシステムを活用して、本物そっくりな臨場感のある映像を生み出し、相手を惑わします。

各国に出現した「エレメンタルズ」は、このシステムを利用した映像だったのです。

この映像はピーターやニックが気づくことができないほど、リアリティがあるものでピーターたちを苦しめます。

ベッグは特殊能力を持たないただの人間ですが、頭がかなり良くてシリーズの中でもかなり手ごわい相手だと感じました。

 

エンドクレジット後の映像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Spider-Man: Far From Homeさん(@spidermanmovie)がシェアした投稿

MCU恒例のエンドクレジット後の映像ですが、今作は2つの映像が流れました。2つとも衝撃的な内容でした。これから順番に紹介していきます。

全世界にスパイダーマンの正体がばれる

1つ目の映像は全世界の人にスパイダーマンの正体がばれてしまった映像です。

MJに正体を明かし2人で空中デートをしていた時、街中の巨大なスクリーンに速報としてある映像が流れます。

その映像はベッグの仕業で、スパイダーマンが自分を殺害した「嘘」の映像を流し、さらにスパイダーマンの正体がピーターパーカーであると全世界に向けて発信してしまいました。

この映像はかなりショッキングなもので、今後ピーターはどうなってしまうのか気になってしょうがないです。

またこの映像を公開した番組のニュースキャスターは、サムライミ版「スパイダーマン」シリーズに登場した「J・ジョナ・ジェイムソン(役はJ・K・シモンズさん!)」だったので、さらに驚きました。

「ファーフロムホーム」で登場するニックとヒルは「スクラル人」だった!

2つ目の映像はニックとヒルがスクラル人だったという映像です。

車でどこかに向かうニックとヒル。徐々に顔が変化していき「スクラル人」に戻りました。

ニックに変身していた「タロス」は宇宙にいる本物のニックに今回の件について報告をし、ニックはスクラル人の宇宙船で何か始めようとしたところで映像が終了します。

まさかのスクラル人が変身していたとは、こちらも驚きです。スクラル人といえば映画「キャプテン・マーベル」で登場して、悪役ではなくいい種族だったと判明しましたよね。

この映像は「キャプテン・マーベル」の続編フラグなのか、真相は不明です。

まとめ

ネタバレありの感想を書いてきました。ミステリオは悪役でしたね。最初は師匠的なポジションかと思っていましたが、見事にだまされましたね(笑)

エンドクレジット後の映像は、どちらも続編のフラグだと思うような内容でした。フェーズ4はどんな作品が待っているのでしょうか。楽しみです。

フェーズ4の作品が気になる方はこちらの記事も見てくださいね。

評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10/10 最高のスパイダーマン映画!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは!ダイチという者です! このブログでは自分が気になったことや体験したことをゆる~~~く発信していくブログです。 主に映画関係の記事が多くなると思います。