スポンサーリンク

様々な次元のスパイダーマンが集結する映画「スパイダーマン:スパイダーバース」。

あなたはもう見ましたか?

まだ見ていない方は、公開終了する前にぜひ劇場で見てください!

今回の記事はスパイダーバースのエンドロール後の映像について解説していきます。

なのでまだ見ていない方は、映画を見てからこの記事を見ることをオススメします。

 

スポンサーリンク

エンドロール後の映像解説

「スパイダーマン:スパイダーバース」のエンドロール後の映像について簡単に紹介します。

内容は暗い部屋で、劇中に活躍した様々なスパイダーマンの映像が流れていて、ホログラムの女性が1人のスパイダーマンと会話しているシーンが流れます。

謎のスパイダーマンはホログラムの女性に様々な次元を行き来できる「グーパ」(ツール)はできたのか?と聞きます。

ホログラムの女性は謎のスパイダーマンに次元を移動できるグーパを渡し、謎のスパイダーマンはある次元へ移動します。

「Earth 67 アース67」と呼ばれる、アニメーションの世界へ移動し、そこにいるスパイダーマンに出会いに行きます。

アニメ本編では偽物のスパイダーマンが本物のスパイダーマンと出会うシーンってお互いに口論しあうというエピソードがあるのですが、その偽物のスパイダーマンの代わりに未来からきたスパイダーマンがその役を演じて、アニメのスパイダーマンと口論します。

以上がエンドロール後の映像の内容です。次の章では謎のスパイダーマンについて紹介します。

 

エンドロール後に登場するスパイダーマンは誰?

エンドロール後の映像に登場したスパイダーマンは一体何者なのか気になりますよね。

エンドロール後に登場したスパイダーマンは、「スパイダーマン2099」という未来のスパイダーマンです。

このスパイダーマンはミゲル・オハラというラテン系の人物です。

このスパイダーマンの特徴ですが、

  • 超人的な腕力、身体能力、耐久力、回復力、老化抑制効果
  •  強化された視力で遠く離れたものや暗闇でも快適に見ることができる。熱感知カメラのように見ることができる。また動体視力に優れる。ただし、光に対して過敏になり、通常はサングラスを使用しなくてはならない。
  •  手と足の指先に生えた小さなカギツメ。攻撃にも使用可能。また壁に張り付いて登ることが可能。
  •  犬歯が牙となり、麻痺毒を注入する。
  •  手首の手の甲側から生体ウェブを射出。
  • スパイダーセンス:第六感のような危険察知能力。
  • 残像を残すほどの高速移動。
  • ライト・エア・フォイル:背中の蜘蛛の巣のようなマントは常に軽度の半重力粒子を発し、滑空を可能にする

となっています。

もしスパイダーバースの続編が公開されたら、もしかしたら彼は主役として登場するかもしれませんね。

 

まとめ

今回は映画「スパイダーマン:スパイダーバース」のエンドロール後の映像について紹介していきました。

スパイダーマン2099という未来のスパイダーマンが登場し、過去のアニメスパイダーマンとコミカルなやり取りをするという映像になっていました。

今後スパイダーバースの続編が公開されたら、主役もしくはサブキャラとして登場する可能性が高いです。

続編の公開が非常に楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは!ダイチという者です! このブログでは自分が気になったことや体験したことをゆる~~~く発信していくブログです。 主に映画関係の記事が多くなると思います。