スポンサーリンク

どうもダイチです!(@suzumedia)

今回紹介する映画は映画「スカイスクレイパー」の感想を書いていきます!

この映画はザ・ロックことドウェイン・ジョンソンが主演を務めています!ドウェイン・ジョンソンといえば、最近の映画では「ジュマンジ・ウェルカムトゥ・ジャングル」に出演していました。筋肉がスゴイです…

「MEG ザモンスター」で主演だったステイサムも筋肉がすごく、2つの映画を見て「筋肉は裏切らないな」と思いました(笑)

これからあらすじ、登場人物紹介、感想を紹介していきます!順番に見ていきましょう!

スポンサーリンク

「スカイスクレイパー」あらすじ

「ワイルド・スピード」シリーズや「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」などの大ヒット作で活躍する人気アクション俳優ドウェイン・ジョンソンが、高さ1000メートルを超える超高層ビルを舞台に、犯罪組織が巻き起こした火災から家族を救出するため孤軍奮闘する主人公を演じたアクション大作。

かつてFBIの人質救出部隊のリーダーとして活躍していたウィルは、ある事件で左脚が義足になる大怪我を負い辞職するが、それから10年を経た今は、愛する家族も得て、危機管理コンサルタントとして働いていた。

香港に建設された高さ3500フィート(1066メートル)の史上最大のビル「ザ・パール」の本格開業に向け、ビルのオーナーのジャオから安全管理のチェックを任されたウィルは、家族を伴ってザ・パールに滞在するが、ビルに隠されたある秘密を狙う犯罪組織もまた、ザ・パールに侵入しており……。

監督・脚本は、「セントラル・インテリジェンス」でもジョンソンとタッグを組んだローソン・マーシャル・サーバー。

 

重要人物紹介

ウィル・ソーヤ ドウェイン・ジョンソン

本作の主役。昔はFBIの部隊として活躍していたが、ある事件をきっかけに片足を失う大けがをし、退職します。

その後はFBI時代の同僚のベンの紹介で高層ビル「パール」のセキュリティ担当をすることになり、家族4人で暮らすことになるのですが…

彼は劇中「走る」「飛ぶ」「戦う」などとにかく大暴れします!!予告編でもあったように家族のためならクレーン車からビルまで飛ぶこともできちゃうのです!(通常ムリです)

サラ・ソーヤ ネーブ・キャンベル

ウィル・ソーヤの妻。サラは女医で、片足を失ったウィルと病院で出会います。

高層ビルで火災にあったり、テロリストに襲われたりと様々な災難が彼女(と子供たち)に襲いかかります!

しかしそんな絶望的な状況でも、彼女もウィルと同じくかなりタフでパワフルな活躍を見せます!ウィル夫妻強すぎ(笑)

「スカイスクレイパー」感想

「超安心!超安全!な高層ビル」といっている時点でフラグのにおいがしていました。ビルは炎上するし、テロリストには簡単に侵入されるわで「全然だめじゃん!!」と思わず突っ込みしてしまいました(笑)

物語の舞台となる高層ビル「パール」はただのビルではなくて、階層ごとにショッピングモールや移住できるエリアがありさらに森林や滝などもビルの中にあって、巨大な複合施設となっているところが面白く作られてるなと思いました。

主人公のウィルですがもはや人間離れしていました。片足が義足なのですがまさかのこの義足が大活躍します!!

例えば建築用のクレーン車によじ登るのに使用したり、チタンのドアにくさびを打ち込んでこじ開けるといった使い方もします。義足すごい(放心)

この映画の残念な点は悪役にあんまり魅力的なキャラがいなかったことです。テロリストたちの中にボス的な立場のキャラはいるのですが、あんまりぱっとしません。

「コマンドー」で登場する「ベネット」や「ダイ・ハード」の「ハンス・グルーパー」のような存在感があり、強敵!と思えるキャラクターが欲しかったです。

 

「スカイスクレイパー」まとめ

「スカイスクレイパー」はストーリーは王道路線で難しく考えることなく映画を見ることができます。

アクションは見ていて楽しいです!「これ絶対無理だろ!」という場面でも主人公ウィルは突破していくので、そこがこの映画の見どころの一つです。

「アクションを楽しみたい!」「ドウェイン・ジョンソンが見たい!」という方にはオススメの映画です。

よりスリルを味わうなら4DXで見るのをオススメします!!

 

評価 ☆☆☆☆☆☆  6/10 スリルを味わいたい人オススメ!!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です