シャザムってどんなヒーロー?キャプテン・マーベルと関係あり?

スポンサーリンク

2019年4月19日にDCコミックスのヒーローである「シャザム」の映画が公開されます。

海外ではすでに公開されていて、非常に高い評価を叩き出しています。

日本では菅田将暉が吹き替え版で声を担当していることで話題となっています。

そんなシャザムですが、原作を知らない人からしたらどんなヒーローか気になりますよね?

「スーパーマンに似ている!」「マーベルと関係があるの?」今回はそういった疑問を順番に解決していきます。

結論から言いますとシャザムは姿こそスーパーマンに似ていますが、独自の能力と子供が変身するヒーローという今までにないヒーローという要素で人気がでています。

マーベルの「キャプテン・マーベル」とは、名前の部分で関わりがありました。

それでは見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

シャザムってどんなヒーロー?

まずシャザムというヒーローはどんな人物なのか紹介していきます。

フォーセットコミックという出版社から発行された「ウィズ・コミックス 」にて「キャプテン・マーベル」という名で登場しました。

普段は少年の姿ですが、「SHAZAM(シャザム)!」と叫ぶ事で成人男性の姿となります。

変身することでスーパーマンのような見た目になり、スーパーマンにも匹敵する絶大なパワーを得ます。

しかし精神は子供のままとなっており、これが彼の弱点であり強い個性にもなっています。

シャザムの能力

キャプテン・マーベルに変身するための呪文である「SHAZAM」ですが、その言葉を唱えると、ビリーに力を授ける6つの神々の力が宿ります。

  • ソロモン王(Solomon)の知恵:様々な学術知識にアクセスしたりできる。
  • ヘラクレス(Hercules)の剛力:強大なパワーを有する。
  • アトラス(Atlus)のスタミナ:殆ど不死に近い耐久力の源。
  • ゼウス(Zeus)の全能:変身する時の魔法の稲妻に火をつける。
  • アキレス(Achilles)の勇気:戦う時の原動力。精神攻撃にも耐えられる。
  • マーキュリー(Mercury)のスピード:これによって空を飛べる。

 

マーベルのキャプテン・マーベルと関係あり?

先ほどの章でシャザムは「キャプテン・マーベル」と呼ばれていたことがわかりましたが、マーベルヒーローの中に同じく名前を持つ人物がいます。

それがキャロル・ダンバースこと「キャプテン・マーベル」です。

この2人は何か関係性があるのでしょうか。

当時「キャプテン・マーベル(現在ではシャザム)」はDCコミックスではなく、フォーセットコミックという出版社がキャプテンマーベルとして販売していました。

しかし後にスーパーマンを流用されたとして、DCコミックスはフォーセットコミックを著作権侵害として訴えます。

裁判は長年に渡って行われ、フォーセットコミックは「示談金を支払う事で和解」という方法を採り、その結果キャプテン・マーベルは出版を停止することになりました。

この事件からフォーセットコミックは人気が低下し、業界から撤退します。

この事件から20年後にDCがキャラクター版権を買い取り、DCで「Shazam!」というタイトルで連載を開始しました。

なぜ名前を変更したのかというとライバル社である「マーベルコミックス」が「キャプテン・マーベル」をすでに商標登録していたため、仕方なく他の名前にしました。

2人のマーベルにはこんな秘密があったのですね。同じ名前のヒーローが2人もいたら混乱しますよね(笑)

まとめ

今回はシャザムというヒーローについてと、マーベルヒーロー「キャプテン・マーベル」との関係性について紹介してきました。

叶う可能性は低いですが、DCのマーベルとMARVELのマーベルが出会ったらとても面白い展開が待っていそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です