スポンサーリンク

どうもダイチです!

あなたは普段どんなアプリを使っていますか?

「LINE」「Twitter」「You Tube」など様々なアプリを日常で使用しているはずです。

とても便利な時代になりましたが、便利になったと同時に危険も潜んでいます。

今回紹介する映画は、ある日突然行方不明になった娘をネット上にある様々なサービスをフル活用して探し出す映画「search/サーチ」の紹介、感想を記事にしました。

結論から言いますと、この映画すごく面白くてほぼPCの画面内で物語が繰り広げられるという、斬新な映画となっています!

ここからはより詳しく「search/サーチ」の内容を紹介していきます。今回の記事ではネタバレはありません。

 

スポンサーリンク

search/サーチのあらすじ

物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。

16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間が経過する。

娘の無事を信じたい父親のデビッドは、マーゴットのPCにログインして、Instagram、Facebook、Twitterといった娘が登録しているSNSにアクセスを試みる。

だがそこには、いつも明るくて活発だったはずの娘とは別人の、デビッドの知らないマーゴットの姿が映し出されていた。

「スター・トレック」シリーズのスールー役で知られるジョン・チョウが、娘を捜す父親デビッド役を演じた。

製作に「ウォンテッド」のティムール・ベクマンベトフ。Googleグラスだけで撮影したYouTube動画で注目を集めた27歳のインド系アメリカ人、アニーシュ・チャガンティが監督を務めた。

引用元:https://eiga.com

映画「search/サーチ」の登場人物

デビッド・キム  ジョンチョー

この映画の主役。行方不明になった娘を探しだすため、ネット上のサービスをフル活用して見つけ出そうとするすごいパパ。

デビッド・マーゴット ミシェル・ラー

デビッドの娘。この映画のキーパーソン。

ある日突然行方不明になり、周りを騒がせる人物。実は父親も知らない秘密を抱えていたのである……

デビッド・ピーター ジョセフ・リー

デビッドの弟。兄が困っているのを見て協力してくれる優しい弟。ハーブ(麻薬?)をやっているようだ……

ヴィック捜査官 デブラ・メッシング

数々の事件を解決してきた凄腕の捜査官。今回のマーゴット行方不明事件を担当しました。

映画「search/サーチ」感想

この「search/サーチ」という映画ですが、冒頭でも言った通りほぼ100%PCの画面で物語が繰り広げられるという、斬新な映画となっていてとても面白いです。

物語の途中途中には、「フェイスブック」や「インスタ」などおなじみのアプリ(サービス)が登場します。しかもかなりの数のアプリ(サービス)が登場しますので、何がでるか予想して見ると楽しめますよ!

行方不明になった娘を探すため、主人公デビッド・キムはインターネット上のアプリ(サービス)をフル活用して探し出していくのですが、キムさんの信念が見ているこちら側にもひしひしと伝わってきます。

あとキムさんは娘にメッセージを送るときそのメッセージを送らず全文消して新たなメッセージを送ったり、心配になって何回も電話してしまう姿はちょっぴりお茶目だなと思ったりもしました(笑)でもそれだけ娘を思う気持ちが強いのだと感じました。

 

映画「search/サーチ」まとめ&評価

今回は映画「search/サーチ」の紹介と感想を書いていきました。

ほぼ100%PCの画面という非常に斬新な映画で物語も面白く終盤はどんでん返しもあり、「ネット怖い……」と感じてしまうこと間違いなし!

誰が見てもオススメできる作品なので、興味がある方はぜひ見てください!

 

評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆  9/10 超おすすめ!!!!!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です