スポンサーリンク

どうもダイチです。

突然ですが、あなたは「特撮」と聞いて何の作品を思い浮かべますか?

「仮面ライダー」「ウルトラマン」「戦隊もの」と思う人は多いと思います。そんな中特撮ヒーローの中でも最上級にやばいやつがいたのです。

 

その名も「レッドマン」!!!

別名「赤い通り魔」とも言われています。なぜそのような名で呼ばれているかは、今回の記事で紹介します。

さて今回の記事ではこの「レッドマン」というヒーローがどれほどやばいやつなのか見ていきます。

 

スポンサーリンク

レッドマンってどんなヒーロー?

「レッドファイト!」について

レッドマンが登場したのは「おはよう!こどもショー」という番組のコーナードラマで「レッドファイト!」というドラマが放送されていました。

1回当たりの放送時間は約5分となっており、話は大体1話完結となっています。全138話。

ちなみにこの番組を製作したのはなんとあの円谷プロです(笑)

「ウルトラファイト」というウルトラマンと怪獣が戦う番組があるのですが、こちらは怪獣と戦っている際ナレーションによる実況があるのですが、「レッドファイト!」では一切なく、一方的に怪獣に襲い掛かるレッドマンの戦い(暴力)が見れます。

ちなみにタイトルにもなっている「レッドファイト!」とはレッドマンが怪獣と戦う(抹殺)ときの掛け声です。怪獣からしたら恐ろしい言葉です(泣)

 

番組に登場する怪獣は「帰ってきたウルトラマン」に登場した怪獣を中心に、他作品の円谷怪獣も登場する

ただ番組自体が低予算でつくられているため、特撮おなじみの光線や爆発などの演出が一切ありません。なので基本的に打撃戦が多いです。(この影響で怪獣たちがとんでもないことに……)

 

レッドマンの能力・必殺技

レッドマンの能力ですが、結構恐ろしい能力を備えています。それではご覧ください!

  • 宇宙空間でも生存可能
  • 30万度の高熱に耐える
  • 全身は鋼鉄の20倍も硬い
  • レッドイヤーは300km四方の音を聞き取れる
  • 飛行能力がある

 

弱点もちゃんとあります。

  • 太陽光線をエネルギー源としているため、雨の日や夜は力が半減し、30分しか戦えない。

 

続いてレッドマンの武器(必殺技)を紹介します。どれも凶悪な技となっています。

  • レッドナイフ   いきなりナイフを出すことができ、2本同時に出すこともできる。

 

  • レッドショット  レッドナイフの先端から弾丸を発射する。

 

  • レッドアロー   槍。どこかのウルト〇〇〇〇〇〇〇が使用していたような…。地面に着弾すると爆発する。どうやら威力が高いらしい。怪獣を滅多刺しにすることによく使われる。

 

  • スライスカッター  ベルト中央のランプからカッターを発射する。

 

  • レッドパンチ   よく使う技。

 

  • レッドキック   よく使う技2。

 

  • レッドチョップ  よく使う技3。意外に威力が高く、この技でとどめをさされた怪獣もいる。

 

  • レッドフォール  怪獣を抱え込んで放り投げる。レッドアローで怪獣の腹をめった刺しにしたあと、怪獣の鼻をつかんでひきずったあと崖から放り投げるというとんでもなく凶悪なコンボを披露したことがある。

 

  • 分身の術 レッドマンが2体に……恐ろしい……

 

レッドマンの能力・技を紹介してきました。

続いてなぜレッドマンは「赤い通り魔」と呼ばれているのか紹介していきます。

レッドマンが「赤い通り魔」と呼ばれる理由

ファンの間ではレッドマンを見ると「赤い通り魔」と呼び恐れられます(笑)

なぜ彼はそう呼ばれるのか、まとめた結果以下のようになりました。

  1. 低予算で光線や爆発などの演出ができないので、それをカバーするべく怪獣へのとどめの刺し方がエグくなってしまう。
  2. 戦う意思がない相手でも容赦なく襲う
  3. レッドチェック
  4. レッドフォール

この3つの要素が大きいと思われます。それでは順番に見ていきます。

1 低予算による怪獣へのとどめの刺し方

「レッドファイト」は低予算で5分という短い番組であったため、光線や爆発する演出をあまりいれることができませんでした。

このためどうしても肉弾戦のシーンが多くなってしまい、レッドナイフやレッドアローといった武器でとどめを刺すことが多くなりました。

2 戦う意思がない相手でも容赦なく襲う

レッドマンは地球の平和のために怪獣がいると、敵意関係なく襲います(笑)

例えば怪獣が楽しそうに散歩しているのに、急に現れて「レッドファイト!」という掛け声とともに怪獣を襲います。意味不明ですよね(笑)

そのシーンがこちら

レッドマン怖!!!

3 レッドチェック

レッドマンの技……ではなく怪獣にとどめをさしたあと行うレッドマンの行動である。

「レッドファイト!」では怪獣の死体が消滅、爆発しないため死体が残っています。そのためレッドマンは怪獣が死んだか念入りにチェックを行い、生きていたらとどめとしてレッドアローで突き刺すなど、怪獣を生きて返しません。

 

4 レッドフォール

レッドマンの技の中で一番目立ち、レッドマンの話題になると必ず上がる最恐の技です。

このレッドフォールは怪獣を抱えてその場で投げ落とすか、崖から落とす(!)トンデモ技です。

ヒーローなのに崖から相手を落とすというヒーローにあるまじき行為が、レッドマンの特徴でもあります。

 

以上の要素からレッドマンは「赤い通り魔」と呼ばれるようになりました。

 

レッドマンまとめ

怪獣にとって恐怖のヒーロー「レッドマン」。

彼は他のヒーローにはない要素がたくさん(あってたまるか)もっており、それが話題となり人気になった異色のヒーローです。

現在YouTubeでレッドマン1話が円谷プロ公式サイトで配信中なので興味がある方は見てはいかがでしょうか!

レッドマンについてはまだ記事にしたいことがあるので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です