オーヴァーロードネタバレ感想 戦争とホラー2種類味わえる良作品!

スポンサーリンク

この映画は「ナチスとの戦争中に、ナチスの基地でとんでもない実験を見てしまった!」というアクション・ホラー映画です。

全く予備知識がない状態で見に行きましたが、予想以上に面白い作品でした。

今回は戦争映画とホラー映画の2種類を楽しめる作品「オーヴァーロード」のネタバレ感想を書いていきます。まだ見ていない方は、ぜひ劇場へ。

スポンサーリンク

オーヴァーロードの簡単なあらすじ

第2次世界大戦時、ナチスの重要な施設を爆破するために米軍の落下傘部隊が送り込まれます。

激戦を生き残った兵士たちはナチスの要塞となった教会に向かうのですが、その途中1人の女性に出会い、教会がある村に案内してもらいます。

その女性によるとナチス軍は教会で実験を行っているという話をします。

兵士たちはその協会に潜入しますが、そこでは驚くべき光景が!

オーヴァーロード主要登場人物

ここからはオーヴァーロードに登場する人物を紹介していきます。みんなキャラが濃い。

ボイス

この映画の主人公。新米(?)兵士だけど、自分の意志がはっきりしていて絶対に曲げないのがとてもかっこいい。

フォード伍長

頼れる隊長。常に冷静に物事を対応していくところを見ると、戦場での経験が豊富であることがわかります。終盤の彼はキャプテン・アメリカでした。(見ればわかる)

クロエ

この映画のヒロイン。弟のためなら終盤火炎放射器や銃など容赦なくぶっ放すスーパーガール。かわいい。

チェイス

「インクレディブル・ハルク」に登場するアポミネーションのような姿に変身!

ローゼンフェルド

この映画の悪役。序盤は小物の悪役かと思いきや、終盤バケモノに変身して超人的パワーを得ました。血清恐ろしい。

オーヴァーロードネタバレ感想

オーヴァーロードの感想を書いていくと共に、この映画の良い点と悪かった点を両方紹介していきます。

良い点

全編スリル満点、終わった後の開放感が素晴らしい

物語の序盤は主人公ボイスと一緒にその戦場にいるかのような、戦場のリアルさを体感できました。

中盤ではボイスがナチスの基地に潜入し、敵兵に見つからないように行動する緊張感と、基地でヤバイものを見たときの緊張感が常に襲ってきて気が抜けませんでした。

終盤ではゾンビとの戦いや基地の爆破シーンなど、序盤・中盤より緊張感は和らぎましたが、それでも思わずドキッとする場面はありました。

なのでこの映画は最初から常に緊張感があって、最後まで油断できないのですが、ラストはすっきりとした終わり方で「あ~やっと解放された」という気分になりました。

ヒーロー映画???

ナチスが開発した怪しい血清。それを使って実験を行っていましたが、やはり完璧ではなく、むしろ人間をゾンビへと変えてしまう危険なものでした。(お約束)

仲間だったチェイスがアポミネーション見たいな姿に変身した時は、「あれこれヒーロー映画だっけ?」と一瞬思いました。

その後フォードとローゼンフェルドの最終決戦のシーンでは、「あれこれってキャ○○○○○○○!?」とまたしても某映画を思い出してしまいました。

不気味なんだけど、某映画を知っている人なら思わずニヤっとしちゃうでしょう。そこが個人的に評価できるポイントでした。

悪かった点

グロ耐性がない人はきつい場面が多い

予告編でもかなりグロいことがわかりますが、本編もグロいです。グロいというよりかは、「痛々しい」と思う場面が多かった印象です。

グロ耐性がない方は、この映画はオススメできません。

オーヴァーロードネタバレ感想まとめ

この映画を見る際は、予備知識なしで劇場に足を運んでみてください。グロくて不気味で、緊張感はあるけど戦争映画とゾンビ(ホラー)映画をうまく組み合わせた結果、想像以上に面白い映画となっていました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは!ダイチという者です! このブログでは自分が気になったことや体験したことをゆる~~~く発信していくブログです。 主に映画関係の記事が多くなると思います。