MCUフェーズ4以降はマルチバースに?X-MENやヴェノムも参戦?

スポンサーリンク

アベンジャーズ/エンドゲームが公開され、全世界が熱狂しました。

しかしエンドゲーム以降もMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)は続々と公開予定作品が決まっており、今後も目が離せません。

6月に日本での最速上映が決まった「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」ですが、最新の予告編を見ると、どうやらマルチバース要素が展開される雰囲気を出していました。

マルチバースってなんだよ?」「なんでマルチバース要素が出てきた?」という悩みを今回の記事で解決していきます。

結論から言いますと「エンドゲーム」のタイムトラベルの影響でマルチバース要素が生まれてしまった可能性が出てきました。

どういうことかこれから解説していきます。

スポンサーリンク

MCUフェーズ4以降はマルチバースに?

MCU作品はこれからマルチバースの要素を含んだストーリーが展開されると予想されます。

まず「マルチバース」という言葉の意味と、実写版X-MENシリーズの世界観について順番に解説していきます。

「マルチバース」という言葉の意味

マルチユニバースとはユニバース(宇宙)のユニ(単一)をマルチ(多重、多数)に置き換えた造語。

宇宙は我々が存在する宇宙だけでなく、別に、または無数に存在するかもしれないという仮説に基づく。

インフレーション宇宙論から導かれる無数の泡宇宙や量子力学の多世界解釈による多元宇宙など、さまざまな仮説が提唱されている。いずれも原理的に観測可能な宇宙ではなく、行くことも見ることもできない理論上の存在と考えられている。多宇宙。並行宇宙。

引用:コトバンク

つまり現在自分が存在している宇宙とは別の次元に、別の時間軸の自分がいるということになります。アメコミでは複数の次元の違うスーパーマンがいたり、マーベル・コミックスの世界では、各宇宙にナンバーが振られています。

「X-MEN」シリーズは2つの世界がある?

 

View this post on Instagram

 

The new #DarkPhoenix poster has arrived. Trailer tomorrow night!

X-Men Moviesさん(@xmenmovies)がシェアした投稿 –

実写映画「X-MEN」シリーズですが、時系列がかなり複雑となっています。その理由が「旧時間軸」と「新時間軸」の2つの世界に分かれてしまったからです。

なぜこんなことになってしまったのかというと、映画「フューチャー&パスト」で過去の世界を変えて歴史改変が行われた結果、2つの世界線が生まれてしまいました。

詳しくはこちらのサイトでシリーズを視聴することができます。無料体験期間もありますので、気になる方はぜひ試してください!

「エンドゲーム」と違い、こちらは過去を変えたら未来も変わってしまう話でした。

マルチバースになった原因

 

View this post on Instagram

 

Here’s your look at the new Marvel Studios’ #AvengersEndgame poster from artist @Bosslogic!

Avengers: Endgameさん(@avengers)がシェアした投稿 –

エンドゲームではインフィニティ・ストーンを集めるために、過去に行きます。

よくあるタイムトラベル系の映画ですと「過去を変えてしまうと未来も変わってしまう」「記憶を失う」といった要素がありますが、バナー博士によると「君の現在が君の過去になるだけだ」とタイムトラベルについて解説しています。

過去をいくら変えても、未来の世界には影響がないことからタイムパラドックスを完全に無視できるのです。

バナーがタイムストーンを取りにエンシェント・ワンを説得するシーンがあるのですが、インフィニティ・ストーンを過去から持ってきて、無事に元の世界に戻せば別の時間軸は生まれないといっています。

エンドゲームの終盤、インフィニティ・ストーンはスティーブが全て元の時間軸に戻しました。

しかしファーフロムホームの最新予告では、ミステリオが「私の世界でも一緒に戦いたかったよ」というセリフがあり、そのあとニック・フューリーが「彼は別の次元から来た」「あの戦いで別の世界の扉が開いた」と言っています。

つまりエンドゲームのタイムトラベルが原因で、別の次元の扉が生まれてしまったと考えられます。

X-MENやヴェノムも参戦?

別の次元の扉が開いたことにより、MCU作品に登場していないヒーローが登場する可能性が出てきました。

ディズニーとFOXの事業統合のニュースはかなりの衝撃を受けた人も多いと思います。

このニュースから、現在の「X-MEN」シリーズや「ファンタステック・フォー」、さらには「ヴェノム」も今後の展開次第ではMCU入りを果たす可能性が高いです。

マーベルスタジオの社長ケヴィン・ファイギはこう語っています。

ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)が完成済みの脚本を隠し持っていないかぎり、(フォックスからの)新しいヒーローは少なくとも2021年までは登場しないとみられる」といわれている。

引用:the river

まとめ

今回はMCUフェーズ4以降のマルチバース要素について見てきました。

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」から本格的に、マルチバース要素を取り入れてくることが、非常に高いことがわかりました。

またその影響で、「X-MEN」や「ヴェノム」などのヒーローも登場する可能性が出てきました。

今後もMCUから目が離せません!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは!ダイチという者です! このブログでは自分が気になったことや体験したことをゆる~~~く発信していくブログです。 主に映画関係の記事が多くなると思います。