[初心者必読]マーベル映画(MCU)の見る順番と時系列順について徹底解説!

スポンサーリンク

あなたはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に興味を持って見ようとしているけど、作品数が多いしどれから見たらいいかわからないということで、見るのをためらっているのではないでしょうか?

そんなあなたに今回マーベル映画を見る順番と時系列についてわかりやすく紹介していきます。

結論から言いますと、見る順番は「フェーズ」というものがありフェーズ1の作品から順番に視聴することをオススメします。

スポンサーリンク

マーベル映画を見る順番を紹介!

先ほども言ったようにMCU作品には「フェーズ」というものがありまして、現在フェーズ3の作品まで公開されています。ここからはフェーズ1から順番に紹介していきます。

フェーズ1

アイアンマン

記念すべきMCU第1作目にして、伝説の作品。

この映画のポイント

  • パワードスーツがかっこいい!
  • 「私がアイアンマンだ」「トニー・スタークにも心がある」この言葉を覚えておいてください
  • アベンジャーズ計画始動

インクレディブル・ハルク

実験によってハルクとなったブルース・バナーの苦難を描く作品。主演のエドワード・ノートンが降板したことにより、ハルク役はマーク・ラファロが受け継ぐことになりました。

この映画のポイント

  • ハルクの暴れっぷりが最高
  • 怒りをコントロールしようと努力するバナー
  • 超人血清という重要アイテム登場

アイアンマン2

「アイアンマン」のヒットを受け製作された続編です。ブラック・ウィドウやウォーマシンなど新ヒーローが続々と登場します。

この映画のポイント

  • 新キャラの登場
  • 携帯型スーツ
  • 別れた妻(笑)

マイティ・ソー

北欧神話の雷神ソーが主役の映画です。ソーがある事件をきっかけにパワーを奪われ地球に追放されてしまいます。そこから徐々に自身の傲慢さを制御していき、最終的に力を取り戻すシーンはかっこいいです。

  • クリス・ヘムズワースの筋肉がたまらない
  • トム・ヒドルストンが演じるロキに注目!
  • 超重要アイテム「四次元キューブ」が登場

キャプテン・アメリカ ファースト・アベンジャー

第二次世界大戦中に生まれたヒーローです。身体が貧弱だが精神はタフな青年スティーブ・ロジャースが、超人計画に参加し「キャプテン・アメリカ」へと生まれ変わります。

この映画のポイント

  • MCU作品の中で1番最初のヒーロー
  • 超重要アイテム「四次元キューブ」の登場
  • スティーブの親友「バッキー」の登場

アベンジャーズ

MCU作品に登場したヒーローたちがついにヒーローチームを結成します。今回の敵は宇宙からやってきます。果たしてアベンジャーズはどう立ち向かうのでしょうか?

日本でも「日本よ、これが世界だ」というキャッチコピーで注目され、大ヒットしました。

この映画のポイント

  • ニューヨーク決戦でのヒーローたちの集合シーンは鳥肌もの!
  • ロキ、笑いの神になる
  • 最強のラスボス「サノス」初登場

フェーズ2

アイアンマン3

「アベンジャーズ」後のトニーの戦いを描いた作品です。スーツ依存症になったトニーに、新たなる敵「マンダリン」が立ちはだかります。

この映画のポイント

  • トニーがスーツ依存症をどう克服するか注目
  • たくさんのスーツが登場
  • ED曲「Can You Dig It」が最高にテンション上がる

マイティー・ソー ダークワールド

マイティー・ソー2作目。ロキの魅力が爆発する作品です。この映画を見たらさらにロキが好きになること間違いなし。

この映画のポイント

  • ロキがすごく活躍する
  • リアリティ・ストーン登場
  • 最後のシーンは驚くこと間違いなし

キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー

キャプテン・アメリカシリーズ2作目。今なおMCUの中で一番面白いという方が多い作品であります。この映画から「インフィニティ・ウォー」や「エンドゲーム」を手掛けるルッソ監督がMCUに参加しています。

この映画のポイント

  • エレベーターのシーン
  • キャップのアクションがさらにレベルアップ
  • 謎の暗殺者「ウィンターソルジャー」は誰?

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

無名で個性豊かなキャラクターたちが銀河を救う映画です。日本では全く知名度がなかったのですが、明るいストーリーや個性が強すぎるキャラによってたちまち人気の作品になりました。

この映画のポイント

  • OPが100点満点
  • パワーストーン登場
  • 懐かしの名曲がたくさん流れる
  • 笑って、泣けて、また笑える最高の映画

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズシリーズ2作品目。アベンジャーズたちの絆が描かれている作品で、ワンダとクイックシルバー、ビジョンなど新ヒーローが登場します。

この作品はのちのMCU作品に大きく影響を与える重要な作品です。

この映画のポイント

  • 強敵ウルトロンとの戦い
  • 誰がムジョルニアを上げられるか?(実は重要な伏線)
  • 新ヒーロー登場

アントマン

小さくなったり、大きくなったり自由に身体の大きさを変えられる「アントマン」。

ミクロな戦いが、今までの作品にはなかったのでとても新鮮でした。

この作品からMCUを見ても問題ないほど、シンプルに楽しめる作品です。

この映画のポイント

  • 量子世界が美しい&怖い
  • ミクロな戦いが面白い
  • ファルコンも少しでるよ

フェーズ3

キャプテン・アメリカ シビルウォー

フェーズ3最初の作品にして、内部戦争が勃発します。

エイジ・オブ・ウルトロンの戦いの影響で、スーパーヒーローを政府で管理する「ソコヴィア協定」というものが出てきます。

アイアンマンは協定を支持し、キャプテン・アメリカは指示しないことで徐々にチームの分裂が始まります。

この映画のポイント

  • どちらの意見もわかるから見ていて辛い
  • スパイダーマン、ブラック・パンサー登場
  • バッキーの過去が明らかに

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー vor2(リミックス)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズ第2作品目。クイルのお父さん登場やマンティスなど新要素盛りだくさんの映画です。

  • ヨンドゥに注目
  • 選曲が素晴らしい
  • 感動ポイントが前作より多い
  • ジェームズ・ガン監督神

ドクター・ストレンジ

「映像ドラック」と呼ばれるほど、ものすごい映像体験できる作品です。(多分映画館で見たら酔う)

インフィニティ・ストーンの1つ「タイムストーン」が登場します。

  • 映像がものすごい(語彙力消失)
  • ラスボス戦が特殊な勝ち方で驚き
  • ストレンジの成長が早すぎる!

スパイダーマン:ホームカミング

SONYとマーベルスタジオが業務提携して、ついにスパイダーマンがMCUに参戦します。

アイアンマンも登場するのですが、ピーターの師匠的ポジションとなっています。

映画冒頭ではまだ幼さが目立ちますが、段々とヒーローへと目覚めていく過程が描かれています。

この映画のポイント

  • 「スパイダーボーイ」から「スパイダーマン」へ
  • トニーはピーターの師匠的ポジションで出演
  • ヴァルチャーがかっこいい!そして変身前が怖い

マイティー・ソー バトルロイヤル

マイティー・ソー3作目。以前のシリーズと違い、かなりコミカルに物語が展開していきます。

ヘラ姉さんが恐ろしいほど強い&美しいので、注目です。

この映画のポイント

  • ソー覚醒
  • アスガルド消滅?
  • ソー&ロキのコンビがばっちり

ブラック・パンサー

ワカンダの王でありながら、スーパーヒーローと2つの顔を持つという今までにないヒーロー映画です。

MCUの中でもトップクラスのストーリー、スタイリッシュな映像が見どころです。

この映画のポイント

  • ワカンダフォーエバー!
  • 大人気ヴィランキルモンガー
  • 陛下が先祖と会話するシーン

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

アベンジャーズシリーズ第3作目。MCUのキャラが勢ぞろいし、最強のラスボス「サノス」に戦いを挑みます。

衝撃的な結末で話題になりました。。この映画はかなり小ネタが多いので、見終わったら過去作品を振り返りたくなること間違いなしです。

この映画のポイント

  • ただの悪者ではないサノス
  • 各キャラに見せ場がある
  • 衝撃的な結末

アントマン&ワスプ

アントマン第2作目。時系列的にシビルウォーの後~インフィニティ・ウォーの間となっています。

  • 新ヒーローワスプが強い
  • インフィニティ・ウォーを見たあとの癒し
  • しかしエンドクレジットで……

キャプテン・マーベル

映画「アイアンマン」より前の話で、ニック・フューリーと協力しながら自分が何者なのか探していく、サスペンスアクション映画です。

  • 何度倒れても立ち上がるキャロルが鬼強い
  • 猫のグース、フューリーの眼
  • 悪者の見方が変わる

アベンジャーズ/エンドゲーム

アベンジャーズシリーズ第4作目にして「インフィニティ・サーガ」の最終作です。

インフィニティ・ウォーのその後を描いた作品で、ヒーローたちの逆襲が描かれます。

絶対に全作品を見てから見てください。最高の映画体験を味わえますし、見終わったあと感謝の気持ちでいっぱいになります。

この映画のポイント

  • BIG3(アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー)に注目
  • 怒涛の伏線回収
  • 3000回愛している

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

スパイダーマンシリーズ第2作品目で、エンドゲーム後が舞台となっています。

予告編を見る限り、別次元の扉が開き新たな脅威が迫っていることがわかります。

ピーターはこの困難にどう立ち向かうのでしょうか。

フェーズ4

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」が公開されてから、公開スケジュールが発表されるようです。

情報が公開されたら随時更新していきます。またフェーズ4の作品情報はこちらの記事をご覧ください。

MCUの時系列の順番は?

MCU作品の正しい時系列は先ほど紹介してきた順番とは少し違ってきます。

ここではMCU作品の正しい時系列について順番に紹介していきます。ただし最初からこの時系列順で見るのではなく、「公開された順番」で見てからもう一回シリーズを見ようとする時、この順番で見ることをおすすめします。

  1. キャプテン・アメリカ
  2. キャプテン・マーベル
  3. アイアンマン
  4. アイアンマン2
  5. インクレディブル・ハルク
  6. マイティー・ソー
  7. アベンジャーズ
  8. アイアンマン3
  9. マイティー・ソー2
  10. キャプテン・アメリカ2
  11. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  12. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2
  13. アベンジャーズ2
  14. アントマン
  15. キャプテン・アメリカ3
  16. ブラック・パンサー
  17. スパイダーマン
  18. ドクター・ストレンジ
  19. マイティー・ソー3
  20. アントマン&ワスプ
  21. アベンジャーズ3
  22. アベンジャーズ4
  23. スパイダーマン2

マーベル映画を見る順番まとめ

今回マーベル映画をどの順番で見ればいいのか、また作品の時系列についても紹介してきました。

MCU作品は公開した順番で見るのが、一番いい方法です。しかし時間がない、全部見るのが大変という方もいるでしょう。

そんな方でも効率よく見る方法があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です