Marvel初心者講座 第3回「マーベル用語集」vor.1

スポンサーリンク

どうもダイチです!!

マーベル初心者講座も今回で3回目です。だんだんとマーベル作品について興味がわいてきたでしょうか?

1回目と2回目を見てない方は、こちらもチェック!!!

Marvel初心者講座  第1回 マーベルって何?

 

 

 

Marvel初心者講座 第2回「MCUって何?」

 

さて今回第3回目は「マーベル用語集」です。

マーベル映画を見ていると、「インフィニティストーン?」「シールドって組織何?」とわからない用語がたびたびでてきます。なので今回そういった用語をわかりやすく紹介しますね!

各フェーズに分けて解説していきます。なお超重要な用語には星マークがついています!

 

 

スポンサーリンク

マーベル映画用語集

フェーズ1

  • ヴィブラニウム

ヴィブラニウムは元素と金属2つが存在します。

元素のヴィブラニウムはアイアンマンのアーク・リアクターに使われています。金属のヴィブラニウムはキャプテン・アメリカのシールドに使われています。

金属のヴィブラニウムは地上最強の金属と呼ばれていて、ものすごく固いです!ほぼ絶対に壊れないほど頑丈で、その割に重量は通常の金属の1/3です!!Σ(゚Д゚)

 

  • ☆ S.H.I.E.L.D.

世界中の人智を超えた事件・人・物などの捜査や保護や監視等を行っているアメリカの諜報機関です。

MCU作品にたびたび登場します。S.H.I.E.L.D.は後に最強ヒーローユニット「アベンジャーズ」を結成します。

またスピンオフドラマ作品も制作されており、「エージェント・オブ・シールド」や「エージェント・カーター」といった作品があります。

  •  アベンジャーズ

S.H.I.E.L.D.が組織したヒーローユニット、または映画のタイトルです。個々の個性がかなり強く、仲間同士の衝突も何回もあります。

メンバーが頻繁に変わったりします。(主にコミック版)

 

  • 超人血清

戦略科学予備軍(S.H.I.E.L.D.の前身組織)のエイブラハム・アースキン博士が戦時中に開発した血清。

これを人間に打つとあらゆる身体機能の向上や細胞組織の活性化など、その名の通り超人化することができます。

超人化に成功した例はスティーブ・ロジャース(キャプテンアメリカ)のみで、それ以降成功した者はいません。ブルース・バナー博士もこの超人血清を研究しており、自ら人体実験を行いましたが失敗、そこでハルクに変身する能力を手に入れました。

 

  • ☆ インフィニティ・ストーン

インフィニティストーンは宇宙誕生の大爆発によって発生したエネルギーの結晶です。

全部で6つありその1つ1つに強大な力が秘められています。

6つ集まるととんでもないことがおきるそうです。(ネタばれのため書いてません)

インフィニティストーンが初めて登場したのが「マイティー・ソー」で、四次元キューブの中に「スペース・ストーン」が入っていました。

この「スペース・ストーン」は、ワームホールを作りだしあらゆる場所にワープできるアイテムなのです。

 

まとめ

いかがでしょうか。今回はMCU作品のフェーズ1の用語について紹介しました。

次回はフェーズ2の用語について紹介していきます!!お楽しみに。

 

それではばいなら~~~

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です