スポンサーリンク

どうもダイチです!!(@suzumedia

今回紹介する映画は前作のその後と過去を描く映画「マンマミーア ヒアウィーゴー」の感想を記事にしました!ちょうど公開初日に仕事が休みだったので、速攻で見に行きました!ネタバレはしません!!

前作「マンマミーア」から約10年たって続編が製作されました。もちろん前作のキャストも続投しております。(スゴイ………)

今作の感想ですが、前作と同じくミュージカルシーンは安定して楽しいです!!あと今作ではドナ(ソフィのお母さん)の過去の話が描かれています。3人のお父さんとどこで出会ったのか、そこに注目です!

それではこの映画のあらすじ、登場人物、見どころを紹介していきます!

スポンサーリンク

1 マンマミーア ヒアウィーゴーあらすじ

 

「ABBA」のヒット曲で構成される人気ミュージカルの舞台を映画化した「マンマ・ミーア!」の10年ぶりとなる続編。

主人公ソフィがホテルの開業を目指して奮闘する現在と、ソフィの母ドナの若き日である1979年の物語を交錯させながら、母から娘へと受け継がれていく物語をつづる。

ギリシャのカロカイリ島で念願のホテルを完成させたソフィは、オープニングパーティの準備に追われていたが、母ドナの親友ロージーとターニャもやってきて、久々の再会を喜ぶ。

しかし、ニューヨークにホテルビジネスを学びにいっている夫のスカイから、一緒にニューヨークで暮らさないかと誘われ、心揺れるソフィ。

そんな彼女に、ロージーやターニャ、そして3人のパパのひとりであるサムらは、若き日の物語を話し始める。

キャストにはソフィ役のアマンダ・セイフライドを筆頭に、ドナ役のメリル・ストリープら前作のメンバーが再結集。

若き日のドナ役に「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、若き日のサム役に「戦火の馬」のジェレミー・アーバイン、ソフィの祖母ルビー役に「バーレスク」のシェールら、新たなメンバーも参加。「17歳のエンディングノート」のオル・パーカーが監督・脚本を手がけた。

引用:https://eiga.com

2 登場人物紹介

 

ソフィー

前作と今作の主人公。ついに夢であったカロカイリ島でホテルを完成させ、オープニングパーティーの準備をします。スカイはNYで仕事しているのでしばらく会えてなく、すれ違いが多くなっています。

今作では作中でおこる様々な出来事を通じて母の愛を知ることになります。

若き日のドナ

今作のもう一人の主人公。超美人で自由奔放!!大学(?)を卒業後、世界を旅します。旅の途中で3人の男性(後のソフィーのお父さん)に出会います。

ドナ

ソフィーのお母さん。今作では昔のドナの話が多く描かれています。

3人のお父さん (サム、ハリー、ビル)

ドナと恋に落ちた3人のお父さん。3人ともイケメンです!(若いころもおじさんになっても!)

ただ前作の設定が無視されている部分があったのが、ちょっと残念でした。(服装が違うことなど)

ロージ・ターニャ

ドナの親友。大学時代から常に一緒で、とても仲がよくドナのよき理解者。今作ではとある理由で悩むソフィーを元気づけようと頑張ります!

スカイ

ソフィーの彼氏。仕事でNYに行っており、ソフィーとすれ違いがおきてしまいます。ただスカイ君やっぱりいい男です!(見ればわかる)

見どころ

 

1 前作に登場しなかったABBAの名曲が多数登場!

前作で登場しなかったABBAの曲が多数登場します!もちろん前作の曲(マンマ・ミーアやダンシング・クイーンなど)も登場し、観客を楽しませます!!

 

2 ドナの過去、そして子を思う愛に注目!

詳しくはネタバレになるので書けませんがソフィーを思うドナの愛に、つい泣いてしまいます。(僕は泣きました

今作では3人のお父さんとの出会い、別れ、カロカイリ島に住むことになった理由、ソフィーの誕生まで描かれています。

今作を見てから前作を見ると、より楽しめる内容となっています!ぜひ映画を見終わった後、前作をもう一度見てはいかがでしょうか。

まとめ

今回は「マンマミーア ヒアウィーゴー」の感想を書いていきました。

今回の映画の感想をまとめると…………

  • 前作のキャストが続投(スゴイ!!)
  • ABBAの名曲で映画を盛り上げます!
  • ドナの過去に注目!

こんな感じです。ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか!?

今回の記事はここまで!それではばいなら~~~!!

 

評価 ☆☆☆☆  オススメします!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です