本は紙派だった僕が電子書籍派になった3つの理由

スポンサーリンク

どうも~~~ダイチです!!最近仕事場の上司にも電子書籍のよさについて、いっぱい語ってしまいました(笑)

昔僕は本を読むときは紙の本でないと嫌だったんですが、ある日なぜか「電子書籍1冊試しに買ってみるか」と思い、kindleペーパーホワイトという電子書籍を読むリーダーを購入しました!

実際に本を購入して読んでみたら、世界が変わりました(笑)

なぜ本は紙派だった僕が、電子書籍派になったのか3つの理由を紹介します。

 

結論から言うと「電子書籍は紙の本に比べて様々なメリットがあるが、場合によっては紙の本がいい場合がある」となります。

なので状況に応じて紙の本と電子書籍で本を購入することをオススメします!!

 

ではまず、電子書籍のメリットについてみていきましょう!!

 

スポンサーリンク

電子書籍派になった3つの理由

 

1 紙の本を実際に読むよりはるかに読みやすい!!

kindleペーパーホワイトを購入して実際に読んでみたら、紙の本より断然読みやすい!!

紙の本だと本の大きさ、分厚さによって腕が疲れてきてしまうこともあります。しかし電子書籍ならどんな本だろうが、kindle端末の重さだけなので軽くて腕も疲れにくいし、読みやすいです!!

 

また電子書籍では本の文字の大きさまで変えることができるので、紙の本よりはるかに読みやすい環境ができるのです!

 

2 紙の本より安く購入できる場合がある!

電子書籍は紙の本より値段が安く設定されていることがあります。

さらに頻繁にセールなどをやっているので、通常の値段より50%安く購入できることもあります!僕は基本的にAmazonで電子書籍を購入しているので、セールの日にまとめて本を購入します。

3 本を置く場所に困らない!

紙の本ですと本を購入するたびに本が溜まっていき、やがて置く場所に困ることになります。そうした場合捨てるか、売るなどしなくてはいけません。

しかし電子書籍の場合、本がデータなので常にkindleの端末やネットのクラウド(本の保管場所)に保存されているため、本の置く場所には困りません!

もしもう読まない本があれば、データなのですぐ消去できたり、また読みたくなった場合ネットからダウンロードするだけでいいので、とても便利です。

Amazonの場合一度消去した電子書籍の再ダウンロードができるので、とてもうれしいです!

 

以上僕が電子書籍派になった3つの理由でした。

ここまで見ると「電子書籍最強じゃん!紙の本買うの辞めるわw」と思うかもしれませんが、電子書籍は完璧ではありません。

「?????何言ってんだこいつ!?」と思った方もいるでしょう。実は場合によっては紙の本のほうがいいパターンもあるのです。

ここからは電子書籍のデメリットも紹介します。

 

電子書籍のデメリット

 

1 電子書籍化されてない本もある

昔に比べ電子書籍化された本も多くなってきましたが、未だに電子書籍化されてない本もたくさんあります!目当ての本が電子書籍化されていない理由は「作者が許可をしていない」。これが大半です。

そういった場合紙の本を購入する必要があります。僕も気になる本はまずアマゾンの電子書籍で探して、ない場合本屋で購入することがあります。

2 運営しているサイトがサービス終了したらデータが全て消える!

電子書籍を販売しているサイトがサービス終了をしたら、今まで購入した電子書籍のデータが全て消えます!なかなか恐ろしいですね(;^ω^)

なので「別にいつサービス終了してもいい」という人以外だと、紙の本を購入したほうがいいかもしれません!

電子書籍を購入する場合は大手サイトを選んだほうが、サービスを長く受けられる可能性が上がりますよ!

以上が電子書籍のデメリットです。

まとめ

今回は電子書籍のメリットとデメリットを見てきました!最近では電子書籍で本を購入することが多くなりましたが、電子書籍にない本は紙の本で購入します。

今回の記事で皆さんに覚えてほしいのは、「電子書籍はめちゃめちゃ便利だけど状況に応じて使い分けることが大事!」ということです。

僕はこのマンガモデルという端末で電子書籍を読んでいます!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です