スポンサーリンク

どうもダイチです!!(@suzumedia)

今回紹介する映画は製作費約300万なのに、口コミなどで徐々に映画の面白さが広がっていき今では上映館が100館を超えた、今年の夏映画のダークホース「カメラを止めるな!」を紹介します!!

結論からいうとこの映画「絶対に見てほしい!!」です!!最初PVを見たとき、普通の低予算ゾンビ映画なのかなと思っていたのですが、レビューサイトを見ると高評価の感想がやたらと多かったため、実際に見に行きました。

実際見に行ったらものすご~~~くすごく面白い!!!ネタバレのため何がすごく面白いのかは言えませんが、物語の前半と後半で作風がガラリと変わるので、そこに注目!!

今回この映画のあらすじと人物紹介、なぜここまで人気が出たのか解説していきます。

スポンサーリンク

カメラを止めるな! あらすじ

 

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

引用サイト:http://kametome.net/introduction.html

物語の前半ではゾンビ映画を撮影中の人たちに本物ゾンビが登場して、さあ大変!という事態になりますが、監督は「カメラを止めるな!」といい撮影を何があってもやめさせないといいます!

前半は「37分ワンシーン・ワンカット」で描くゾンビサバイバルに注目!!

物語の後半はこのゾンビ映画を製作するまで何があったか描かれています。前半のもやもや感が後半で全て明らかになります!

人物紹介(一部)

この映画登場人物がとても多いので、一部紹介します!!この映画に登場する人物はみんな個性的なキャラが多くて、とてもおもしろいですw

日暮隆之   濱津隆之

今作の主人公です。ゾンビ映画を何があっても止めないヤバイ人(笑)物語の前半と後半では、まったく違う姿を見せるので要チェック!!

日暮隆之  濱津隆之

主人公の嫁さん。元女優だったとのこと。役に集中しすぎて熱が入ると周りが止められないくらい暴走してしまうことがある。

「カメラを止めるな!」はなぜ人気が出たのか!?

この「カメラを止めるな!という映画ですがなぜここまで人気が出たのか!?その秘密を探っていきます。

2017年11月 初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。イベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。この度、満を持して都内2館同発での劇場公開が決定した。

引用:http://kametome.net/introduction.html

上の引用文からわかることは、最初の先行上映の時からすでに注目されていて、ついに都内の2館で公開されることになりました!

その後海外でも公開され、高い評価を次々と得ました!そして日本国内でもSNSや各レビューサイトでも高評価の嵐が起き、徐々に上映館を増やしていきついに100館を超えるほど人気の映画に成長しました!!(すごすぎる…………)

まとめ

今回は「カメラを止めるな!」の感想を書きました!この映画をまとめると…………

  • 低予算ながら撮影方法や観客を楽しませる工夫がたくさんあり、とても楽しい!
  • 37分ワンシーン・ワンカットに注目!
  • 口コミを中心に徐々に人気が出始め、現在も上映館を増やしている!

 

以上がこの映画の感想です!!ぜひ劇場でみてください!!

評価 ☆☆☆☆☆  絶対見て損はない!!

 

 

今回はここまで!それではばいなら~~~!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です