スポンサーリンク

どうもダイチです!!

今回紹介する映画は「仮面ライダービルド Be The One」です!!この映画ですが、「ルパパト」と一緒に公開されています。ただ今回はビルドの映画感想について書いていくので、「ルパパト」は書きません。

ただルパパトも約30分?という時間にもかかわらずとても面白い内容でした!僕は戦隊ものだけ途中で見なくなってしまったので、今後時間があるときにまとめて戦隊シリーズ見ていきたいと思っています!!

 

さて映画ビルドを見た感想ですが、「気になる点が何個かあるが、ドラマパートがしっかりしており戦闘シーンは迫力満点!」といった感じです。

気になる点は、途中無音になるシーンがやたら多かったり、「このセリフどういう意味?」と思ったシーンもありました。

逆に評価できる点は「人間大砲」のシーンや「ヒゲ&ジャガイモ」コンビのギャグシーンは劇場で笑いがおきました。

あと新フォームのラピッドドラゴンものすごいかっこいい!!

劇場版限定フォームとして大活躍してくれました!!腰マントついているライダーはかっこいいですね♡

以上がこの映画を見た感想です。ではこれからあらすじ紹介と今回の重要人物紹介、この映画の見どころを紹介します!!ちなみにこの映画はテレビ本編の45話~46話の間の話となっています。

 

スポンサーリンク

劇場版仮面ライダービルドあらすじ

 

新政府の樹立によって東都、西都、北都各都市に新たな都知事が3人立候補します。その3人は実はあのエボルトと同じ惑星を破壊して力を得る「ブラッド族」の生き残りでした!

彼らは邪魔な存在である仮面ライダービルドを排除するために「ビルド殲滅計画」を始動、全国民を洗脳しビルドを追い詰めていきます。

途中カシラや幻徳も敵に捕まってしまい、さらに万丈までブラッド族に洗脳されてしまいます!

全国民が敵&仲間もいない状況に桐生戦兎はどう立ち向かっていくのか!?

以上がこの映画のあらすじです!

 

この映画の重要人物

 

桐生戦兎

仮面ライダービルドでありてぇ~~んさい物理学者である。今作ではあることから全国民から追われることになり、命がけの逃走劇に巻き込まれます。

今回戦兎はかなり肉体的にも精神的にも追い詰められます。この絶望的な状況からどう立ち向かっていくのか、そこに注目です!

万丈

今回この映画では万丈はなんとブラッド族側についてしまいます!!戦兎の前に立ちはだかります。

また万丈はこの映画でも重要なキャラクターとなっています。ハザードレベル7以上のライダーが2人揃うと…………?

ブラッド族

今回映画で初登場のブラッド族。彼らはエボルトと同じブラッド族で、惑星を破壊して力を得るというのが目的です。

東都、西都、北都各都市の知事として登場し、「ビルド殲滅計画」を実行します。そして徐々にビルドを追い詰めていきます。

 

新仮面ライダージオウ先行登場!

 

つい最近キャストとPVが発表された新仮面ライダー「ジオウ」がこの映画に先行登場します!!

ジオウの能力等に関してはこの記事をチェック!!

新仮面ライダー発表!!その名は「仮面ライダージオウ」!!!

いつ登場するかはお楽しみに!!まだまだ謎が多い仮面ライダーです。

まとめ

劇場版仮面ライダービルド Be The Oneを見た感想をまとめると

  • 戦兎が徹底的に追い詰められる!!
  • 所々にギャグシーンがあって笑えるw(特に幻徳のシーン)
  • 物語後半は熱い戦いに注目だ!!
  • 仮面ライダージオウも登場するよ!

 

こんな感じですね。ぜひ劇場でみてください!

ここまで見てくださりありがとうございます!!それではばいなら~~~!!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です