映画「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」感想 笑いと感動のオンパレード!

スポンサーリンク

今回は映画「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」の感想を記事にしました。

結論から言いますと、ゲームを知らない人でも楽しめて笑いあり、感動ありとあらゆる感情が観客を襲います。大変素晴らしい映画でした。

この記事にはネタバレ要素は極力ないようにしているので、まだ見ていない方・見るのを悩んでいる方はこの記事を見てください。

スポンサーリンク

「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」あらすじ

映画のあらすじを簡潔に紹介していきます。

息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづり、ドラマや書籍にもなった人気ブログを坂口健太郎&吉田鋼太郎の主演で映画化。

仕事一筋だった父が、ある日突然会社を辞めて家に帰ってきた。1日中ぼんやりとテレビを見ている父の姿を母と妹は遠巻きにながめていたが、何を考えているのかまったくわからなかった父の本音が知りたい欲求にかられたアキオは、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を導き、自分は正体を隠し、父とともにゲーム世界で冒険に出ることを思いつく。

顔も本当の名前も知らないゲームの仲間たちに励まされながら、父と冒険を続ける中で、アキオは家族もこれまで知ることのなかった父の意外な一面を知ることとなる。

主人公の父子を坂口と吉田が演じるほか、佐久間由衣、山本舞香、佐藤隆太、財前直見らが脇を固める。

引用:映画.com

「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」 登場人物

ここでは「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」の主要登場人物について紹介します。

岩本アキオ

本作の主人公。ゲーム好きで真面目な会社員。ゲーム内では「マイディー」というキャラ名を使用しています。

父と一緒にゲームをしたいという願いを実現するためFF14を父に勧め、正体がばれないように父と一緒にプレイします。

岩本暁

アキオの父親。ある理由から会社を突然辞めてしまいますが、アキオに勧められたFF14をプレイしていく内に、ゲームの世界にはまっていきます。

井出里美

アキオの母親。夫である暁の退職を「早めの定年」としている。常にマイペースな感じ(笑)

岩本美樹

アキオの妹。小生意気な性格で、父がゲームにはまっているのを面白がっています。でも兄の言うことを聞いたり、真面目な場面もあるしっかり者でもあります。

「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」感想・見どころ紹介

ここからは映画「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」の感想を紹介していきます。同時にこの映画の良かった点と悪かった点についても触れていきます。

よかった点

笑いと感動が交互に襲ってきてクリスタルが生まれそう

この映画はドラマ版の内容とほぼ同じ(ちょっと変更点はあるけど)ですが、笑いと感動要素は変わっていませんでした。むしろ映画版のほうがより感動したかも。

物語の前半は笑い要素多めで、後半は感動要素が多いです。でもどっちかに偏ることなくバランスがとれていて、非常に見やすい映画でした。

見終わったあとFF14をプレイしたくなること間違いなし!

この映画はFF14をプレイしたくなるような場面が非常に多く、見終わったあとFF14をプレイしたくなること間違いなしです。

なんというかゲームに参加しているプレイヤーがみんな優しく、アットホームな雰囲気に包まれていて「この世界の住民いいな~」と思ってしまいました。

映画が終わって若い子(高校生?)が、「FF14始めようかな?」とつぶやいていました(笑)

悪かった点

この映画の悪かった点ですが、特に見当たらなかったです。

強いて言えば、この映画実話を元にしているので「こんなのありえないでしょ」と疑う人もいると思います。

あとFF14が猛烈にやりたくなって「廃ゲーマー」になる可能性もあります(笑)

まとめ

今回は映画「ファイナルファンタジー14 光のお父さん」の感想を紹介しました。

見終わったあと、心が温める優しい映画となっています。ぜひ劇場に足を運んで見てくださいね。

評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 10/10 最高におすすめ!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは!ダイチという者です! このブログでは自分が気になったことや体験したことをゆる~~~く発信していくブログです。 主に映画関係の記事が多くなると思います。