スポンサーリンク

今回紹介する映画は大人気アニメ「fate/stay night」の桜ルートであるHF(ヘブンズフィール)」の第2章の感想を書いていきます。

この記事ではネタバレ要素が含まれていますので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

あらすじ&登場人物紹介

今回の2章では1章の終わりから始まり、黒桜の誕生までを描いています。

あらすじ

「俺の戦うべき相手は
――まだこの街にいる」
少年は選んだ、自分の信念を。そして、少女を守ることを。
魔術師<マスター>と英霊<サーヴァント> が
願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」。
10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、「聖杯戦争」の御三家と言われた
間桐家の当主・間桐臓硯の参戦により、歪み、捻じれ、拗れる。
臓硯はサーヴァントとして真アサシンを召喚。
正体不明の影が町を蠢き、次々とマスターとサーヴァントが倒れていった。
マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎もまた傷つき、
サーヴァントのセイバーを失ってしまう。
だが、士郎は間桐 桜を守るため、戦いから降りようとしなかった。
そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、魔術師の宿命に捕らわれていく……。
「約束する。俺は――」
裏切らないと決めた、彼女だけは。
少年と少女の切なる願いは、黒い影に塗りつぶされる。

引用:https://www.fate-sn.com

主要登場人物紹介

衛宮士郎

劇中での活躍
前作より活躍する場面が多い印象でした。中盤のセイバーオルタとバーサーカーの戦いに巻き込まれ、片腕を失います。アーチャーの腕を移植して一命をとりとめましたが、片方の腕は使えないままです。最終章で包帯はずしそう。

間桐桜

劇中での活躍
色んな意味で今作一番やばい人。性描写のシーンが結構目立ちました。とにかくエロイ!1章で登場した黒い影の正体は、実は桜が暴走した姿でした。

あのギルガメッシュを瞬殺するほどの力を得てしまいました。こいつはヤバい。

遠坂凛

劇中での活躍
今作では桜との貴重な料理シーンがあって、ほっこりした。

桜に姉さん呼びされて、照れている凛かわいいです。

イリヤ

劇中での活躍
バーサーカーのことを気にかけているイリヤの姿が泣けます。また今作では切嗣のことについて話すシーンがあります。

ワカメ

劇中での活躍
今作では士郎に殴られたり、ライダーのマスターとしての資格を失ったり、挙句の果てには黒桜に殺されたりと、ひどい目に合っています。

セイバーオルタ

劇中での活躍
黒い影に取り込まれた姿。今作最大の見せ場であるバーサーカーとの戦いは鳥肌ものです。

バーサーカー

劇中での活躍
セイバーオルタとすさまじい戦いを繰り広げます。この2人の戦いはドラゴンボールの戦闘シーンを見ているように感じるはずです。

ギルガメッシュ

劇中での活躍
まさかの即退場!!黒桜が強すぎただけ?

HF2章 見どころ

ここからは映画「fate HF2章」の見どころを紹介していきます。また同時に悪い点も紹介していきます。

よかった点

全編作画がおかしい(褒め言葉)

「zero」「UBW」を製作した会社「ufotable」。

劇場版HF3部作を全て製作していますが、作画が変態的にうまい。

手抜きなど一切見られない作りになっており、なによりキャラがぬるぬる動きます。

そんでもって戦闘シーンは、もはや「体感している」といった感覚を受けるほどド迫力の映像を見せてくれます。本当に素晴らしい作画です。

 

桜ちゃんの見せ場が多い

1章でもそれなりに出番はありましたが、2章では物語の中心として多くの見せ場がありました。

例えば自分の力を制御できなくなり暴走しだすシーンや、欲望を制御できなくなりエロイ姿を見せたり、黒桜になったりと見どころ満載です。

 

セイバーオルタVSバーサーカーの神戦闘シーン

今作では1章で黒い影に飲み込まれたセイバーと、バーサーカーの戦いが見れるのですがこの戦闘シーンが本当にすごかった。

作画はぬるぬる動くし、地形が破壊されまくるシーンはまるでドラゴンボールのよう。

あとセイバーオルタの1撃1撃が強すぎるのが恐ろしかったですね。あれに立ち向かえるバーサーカーもおかしいです。

 

悪かった点

特定の人と見に行くと気まずい雰囲気になるかも

2章では士郎と桜の性行為シーンがあるのですが、特定の人と一緒に見るともしかしたら気まずい雰囲気になるかもしれません。

家族で見たり(見る人いるのか?)、カップルで見るのはあまりオススメできません。

暗い展開が満載

HF1章の時も暗い展開がありましたが、2章ではその2倍ぐらい暗い展開がありました。

特に桜が段々と人間でなくなり始めるのは、見ていてつらいものがあります。

暗い展開、グロテスクシーンが苦手の方はオススメできません。

 

まとめ

今回は劇場版Fate/staynight HF2章の感想を書いてきました。

非常にクオリティが高い映画で大満足でした。最終章の公開日は2020年春とのことです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは!ダイチという者です! このブログでは自分が気になったことや体験したことをゆる~~~く発信していくブログです。 主に映画関係の記事が多くなると思います。