映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の見どころ&感想を簡潔に紹介します!

スポンサーリンク

鳥山明さんが生み出した不朽の名作「ドラゴンボール」。連載が終わった今でも世界中で人気の作品です。

その待望の最新作がついに公開されました。

今回の敵キャラはドラゴンボールシリーズの敵の中でかなりの人気を誇る「ブロリー」が登場します。

ブロリーは過去のドラゴンボールの映画にも何度か登場しています。そして今回久しぶりに劇場に戻ってきて大暴れしてくれました。

今回は映画「ドラゴンボール超 ブロリー」の見どころ、感想を簡潔に紹介していきます。

スポンサーリンク

「ドラゴンボール超 ブロリー」あらすじ&主要キャラクター紹介

あらすじ

鳥山明原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目となる記念作品で、2015~18年に放送されたテレビアニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」を映画化。

15年の劇場版「ドラゴンボールZ 復活の『F』」同様に、鳥山が自ら原作・脚本・キャラクターデザインを担当した。

「力の大会」が終わり、宇宙にはまだまだ見たことのない強者がいることを知った悟空は、さらなる高みを目指して修行に明け暮れていた。

そんなある日、悟空とベジータの前に、見たことがないサイヤ人のブロリーが現れる。

地獄から再び舞い戻ったフリーザを巻き込み、悟空、ベジータ、ブロリーという3人のサイヤ人の壮絶な戦いが始まる。

引用元:映画.com

キャラクター紹介

孫悟空 地球育ちのサイヤ人。やっぱ強い。でもブロリーというとんでもない敵が出てきて、苦戦を強いられます。

ベジータ ベジータ王の息子。今作では生前父ベジータ王がやらかした罪でパラガスたちに復讐の標的にされる(かわいそう)

ブロリー 今作の主人公といってもいい人物。ものすごい強い。でも優しい。悪魔ではない。

パラガス ブロリーの親父ぃ。ブロリーを自分の復讐の道具に使う、なかなかひどいおやじである。

フリーザ 理想の上司。今作は重要な役目を果たします。

 

「ドラゴンボール超 ブロリー」見どころ&感想

戦闘シーンが歴代トップクラス!

「ドラゴンボール超 ブロリー」ですが後半はほぼバトルシーンのみとなっています。

ただ今までのドラゴンボール映画に比べて、非常にハイスピード、迫力のある戦闘シーンが展開されます。

終始鳥肌がたつほどすごい映像でした。

 

3人のサイヤ人に注目!

今作のキーワードは「サイヤ人」となっています。

ブロリーの悲しき過去やバーダックとギネ(アニメ初登場!)のカカロットを思う気持ち、自慢の息子と評価していたなど、3人のサイヤ人を中心に「過去」、「現代」と物語が展開していきます。

 

程よいギャグシーン

今作ギャグシーンの入れ方がとてもうまいと思いました。

シリアスな展開にちょこっとだけはいったり、雰囲気をほんのり和らげるような演出を出しています。そこが絶妙にうまいです。

フュージョンの特訓シーンはZファンなら思わずにやりとしてしまうことでしょうw展開がわかっていても笑えます。

あと個人的につぼだったのが、フリーザ様の悩みを打ち明けるシーンでした。すごくまじめなトーンで明かされる衝撃の悩みとは…ぜひ劇場で見てください(笑)

 

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」まとめ

今回は映画「ドラゴンボール超 ブロリー」を見てきた感想を簡潔に紹介してきました。

ぜひ劇場で迫力満点の戦闘シーンを堪能してください。絶対劇場で見たほうがいいですよ!

評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆ ぜひ劇場で見るべし!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です