名探偵コナンゼロの執行人4DXは見るべき?実際に体験してみた! 

スポンサーリンク

どうもダイチです。

今回は映画「名探偵コナン ゼロの執行人」の4DX上映を実際に体験してきたので、記事にしました。

ゼロの執行人といえば2018年4月13日に公開され、現時点(10/23)の興行収入はなんと88.6億円を突破しており、6作連続でシリーズ最高興収を更新しています。

すでに2D上映は終了しましたが、今度は4D映画として話題を集めています。僕も実際に4DX版で見てきました。

実際に体験した感想ですが、ぜひ迷っている方がいたら見るべきです!

映像と座席の揺れ、会場の演出効果などを含めて、非常に楽しめました!!一度見ると2D版では物足りなくなるかもしれません。また「純黒の悪夢」の4D版より揺れるという声が結構ありました。

4D版「ゼロの執行人」をこれから見る方はぜひこの記事をご覧ください!

また4Dって何?という方はこちらの記事もご覧ください。

※今回紹介するのは「4DX」版です。

 

 

スポンサーリンク

「ゼロの執行人4DX」の演出はどんな感じ?

僕が「ゼロの執行人4DX」を見て、特に印象的だった演出について紹介していきます。

印象に残った演出は

  • 爆発シーンで首に熱風がかかる
  • 雨のシーンでは実際に水しぶきがかかる
  • 安室さんのドライブシーンで揺れまくる

この3つが特に印象に残りました。では順番に見ていきましょう。

 

爆発シーンで首に熱風がかかる

「ゼロの執行人」の序盤で、東京サミットが開催される統合型リゾート施設「エッジ・オブ・オーシャン」が原因不明の爆発を起こすシーンがあるのですが、そのシーンを見ていたらシートの後ろから熱風が首にかかってきました!

ほんのり暖かい風が急に来るので少しびっくりしてしまいました。ゼロの執行人は他にも爆発シーンが多いので、この演出は頻繁に出てきます。

 

雨のシーンでは実際に水しぶきがかかる

安室さんと風見さんが日本橋で話しているシーンで雨が降っているのですが、ここで水しぶきがかかる演出が発生します。

大体5秒に一回水しぶきがかかります。この演出のおかげで僕のメガネがびしょ濡れになりました(笑)

ちなみに4DXだとシートの横に水しぶきの演出をOFFにできるスイッチがあるので、濡れるのが嫌な方は押してみてはいかがでしょうか。

 

安室さんのドライブシーンで揺れまくる!

「ゼロの執行人」の終盤で安室さんはコナンと一緒にカジノタワーへ向かうのですが、そのドライブシーンがものすごいんです!

安室さんのハンドルさばきで左右に揺れ、車が飛ぶと上下に揺れるなど実際に安室さんの車の助手席に乗っているような体験を味わえます。

2D以上の迫力をぜひ体験してみてください!!!これを味わうと2Dではものたりなくなります(笑)

 

ゼロの執行人4D上映の上映期間はいつまで?

ゼロの執行人4D上映は期間限定上映となっています。気になる上映期間ですが、10月19日(金)から3週間限定上映となっています!

上映している映画館一覧はこちらのサイトから見ることができます。

 

さらに10月26日(金)からは「絶叫執行上映」という変わった上映が実施されます。

この絶叫執行上映はいわゆる「応援上映」のことで、掛け声や応援、サイリウムの持ち込み、コスプレなどが全て許可されます。

かなり人気が高いため、座席が完売してしまう可能性が非常に高いです。なので、対象の劇場のオンライン予約サービスを活用すると安心して見れます!

 

ゼロの執行人4D上映まとめ

ゼロの執行人4D上映は限定公開なので、気になった方はぜひ対象の劇場へ足を運んでください!

また4D上映限定で入場者特典がついています。その名も「安室透からの執行認定証」。

この特典は安室さんの極秘ボイスメッセージカードと、ビジュアルポストカードの2枚組となっています。

僕も特典をもらいましたが、まだ安室さんのボイスは聴いてません!一体どんなボイスなのか聴いてみます!

こちらの特典は全国合計10万名限定の配布となっています。なくなり次第終了なので、お早めに!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です