名探偵コナン2019紺青の拳ネタバレ感想 キッド&京極好きなら必ず見るべし!

スポンサーリンク

毎年4月に公開される劇場版名探偵コナン。

その最新作が4月12日に公開されました。

初日に見に行ったのですが、前作と違い今回はシンガポールが舞台ということで、スケールがかなりでかく、物語のクライマックスでは「うわぁすごいことになってる」と終始感じながら見ていました(笑)

キッドと京極好きならとても楽しめる映画です。

今回は映画名探偵コナン 紺青の拳のネタバレ感想を書いていきます。

まだ見ていない方はネタバレ注意です。

 

スポンサーリンク

名探偵コナン紺青の拳 あらすじ

大ヒットアニメシリーズ「名探偵コナン」の劇場版23作目。劇場版シリーズでは初めての海外となるシンガポールを舞台に、伝説の宝石をめぐる謎と事件が巻き起こる。コナン宿命のライバルでもある「月下の奇術師」こと怪盗キッドと、これが劇場版初登場となる空手家・京極真が物語のキーパーソンとなる。19世紀末に海賊船とともにシンガポールの海底に沈んだとされるブルーサファイア「紺青の拳」を、現地の富豪が回収しようとした矢先、マリーナベイ・サンズで殺人事件が発生。その現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた。同じころ、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦するため、毛利蘭と鈴木園子が現地を訪れていた。パスポートをもっていないコナンは日本で留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの手により強制的にシンガポールに連れてこられてしまう。キッドは、ある邸宅の地下倉庫にブルーサファイアが眠っているという情報をつかむが……。

引用:映画.com

 

主要登場人物紹介

江戸川コナン(アーサー平井)/工藤新一

今作ではキッドに無理やりシンガポールに連れてこられてしまい、蘭にばれないように「アーサー平井」という偽名を使います。

去年公開された「ゼロの執行人」よりはアクションが控え目ですが、今回も鋭い観察力で事件を解決に導きます。

怪盗キッド

コナン君よりも活躍していました。

工藤新一に変装し、シンガポールにある「紺青の拳」というお宝を狙います。

トランプ銃がとても活躍します。総弾数いくつなんだろう?

また京極さんとの戦いも少し見れますよ。まともに戦ったらキッド勝ち目ないですw

京極真

今作一番人間を辞めていた人。

園子と一緒にいるときはお互いぎこちなく照れていて、とてもとても尊いです。たまらない。

格闘スキルが高すぎて、格闘ゲームのキャラにいてもおかしくないくらい強いです。

終盤DBの界王拳みたいなオーラ出していました。なんですかねあのオーラ?

小五郎と園子と一緒にシンガポールで開催される、空手の大会を見に来ました。

今作も前作同様おとなしめかなと思っていたら、いつものランネーチャンでした。うーん強い。

小五郎

海外でも眠りの小五郎で知られていて、人気でした。

やたらお酒を飲んでいるシーンが見立ちました。

レオン・ロー

シンガポールの探偵。犯罪心理学者でもあり、実業家でもあります。

新一に変装しているキッドの手つきを見ただけで、マジシャンみたいだと言い当ててて、「こいつできるな」と思いました(笑)

 

名探偵コナン紺青の拳 ネタバレ感想&見どころ紹介

ここからは「名探偵コナン紺青の拳」の感想を書いていくとともに、映画のよかった点と悪かった点について紹介していきます。

良い点

コナンとキッドの活躍が多く描かれていた

コナンのライバルの怪盗キッドですが、今回はかなり苦戦を強いられる場面が多いです。

コナンの力を借りて、またコナンもキッドの力を借りるなどお互い助け合うシーンがたくさんありました。

普段は敵対しているのに、協力しあうと息ばっちりな2人に注目です。

 

クライマックスはドンパチ賑やか(笑)

毎回劇場版コナンはスケールが大きく、建物が壊されたり、観覧車が壊れたり、人工衛星が空から降ってきたりととにかく予想がつかない展開があります。

今回はなんとクライマックスシーンで「これ戦争だろ……」みたいな場面が出てきてびっくりしました。

海賊とシンガポール警察の戦いで、海賊が銃をぶっ放したりロケットランチャーをぶっ放したりとやりたい放題でした(笑)

逆にキッドはトランプ銃で対抗したり、京極さんは拳で戦っていましたからね!この世界の住人戦闘力おかしい(褒め言葉)

 

京極と園子の関係が尊い!

京極さんと園子の関係が物凄く尊いです。

お互い恋愛になれていないのか照れてしまったり、京極さんの額にばんそうこうを貼っている理由が、園子さんからもらったからお守りとして貼っているなど、とてもキュンとする場面が多数あります。

さらに園子が髪をおろした姿を見せる場面があるのですが、とてつもなく美人で「誰このキャラ!?」と思わずなりました。園子の髪をおろした姿は必見です!

 

悪い点

字幕が多く見辛い

今作はシリーズ初の海外が舞台なので、しょうがない部分ではありますがとても字幕が多かったです。

別に字幕自体悪くはないのですが、キャラクターが日本語で会話したと思ったら急に英語(?)で会話しだしたりと、かなりややこしいと思いました。

京極さんをもっと活躍させてほしかった

今回京極さんは物語の途中でレオンローにミサンガを腕に取り付けられるのですが、このミサンガが切れないと拳を振る資格はないと釘を刺されるます。

このことと、園子の怪我がきっかけで、京極さんは空手大会も途中で棄権します。

さらに物語終盤で海賊に囲まれた時も、拳を使うことがありませんでした。

なんか見ていてすごくもやもやしましたし、ランネーチャンのほうがぞんぶんに暴れていた印象が強かったです。

京極さんの人間離れした活躍をもっと見せてほしかったです。

まとめ

今回は映画「名探偵コナン紺青の拳」の感想を書いていきました。

キッド好き、京極&園子好きの方なら見て損はない映画です。

さて来年のコナン映画ですが、どうやら赤井秀一が登場するようです!

来年も楽しみです。

 

評価  ☆☆☆☆☆☆☆ 7/10  オススメ!!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です