ブラックウィドウ(ナターシャ)単独映画は過去の話?ホークアイも登場?

スポンサーリンク

現在MCU作品は「エンドゲーム」や「ファーフロムホーム」の話題で盛り上がっていますが、初期アベンジャーズのメンバー「ブラックウィドウ(ナターシャ)」の単独映画が来年公開されるのを知っていますか?

彼女の単独映画は、なぜこのタイミングで製作されたのか気になりますよね。そこで今回ブラックウィドウの単独映画について紹介していきます。

なお今回の記事は「エンドゲーム」のネタバレを含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ブラックウィドウ単独映画は過去の話?

ブラックウィドウ単独映画の気になる内容ですが、マーベルスタジオの社長ケヴィン・ファイギは海外のインタビューでこう答えています。「『ブラックウィドウの単独映画は前日譚映画です」と発言しました。

この発言から物語を予測すると、「アイアンマン2」以前のナターシャが活躍すると考えられます。

ナターシャはロシアのスパイとして活動していた時期があります。ナターシャはロシアのスパイ養成機関「レッドルーム」で訓練を受け、キャプテン・アメリカの血清なのかは不明ですが、彼女もこの機関で血清を打ったとされています。(あくまでコミックスの話ですが)

映画でも超人的な身体能力を披露していたので、可能性はありますね。また「エンドゲーム」でナターシャは「アベンジャーズの一員として活躍できて、まともな人間になれた」と感謝しているシーンがありました。

この発言からナターシャのスパイ時代は、暗殺や盗みなどかなり悪事を働いていたと思われます。

ナターシャの髪の色にヒントが?

Twitterなどで上がっている撮影現場の写真を見ると、ナターシャの髪の色が「赤」となっていました。

「インフィニティ・ウォー」では金髪で登場し、それ以外では赤い髪で登場しました。おそらくですが、ナターシャはスパイになる前は金髪で、スパイになり任務をする時は赤髪に変えているのではないかと予想しています。

ホークアイ(クリント)も登場?

映画「ブラックウィドウ」にホークアイことクリントは登場するのでしょうか。

結論から言いますとまだ確定していませんが、ナターシャの過去の物語だとするとクリントが登場してもおかしくないと思います。

ブラックウィドウ単独映画の日本公開日はいつ?

気になる「ブラックウィドウ」の公開日ですが、現時点では2020年に公開することしか判明していません。

映画の撮影は今年の6月に始まったばかりなので、発表があるとすれば「ファーフロムホーム」かフェーズ4最初の作品が公開されるころには正式な発表があると思われます。

まとめ

今回は「ブラックウィドウ」の単独映画について紹介してきました。

ナターシャの過去が明かされる物語で、この映画を見たら彼女の見かたがかなり変わることでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です