スポンサーリンク

どうもダイチです。

あなたは映画館に行ったとき、4Dで映画を見たことはありますか?

4Dで映画を見た方はこう思ったことはありませんか。

4DXとMX4Dって何が違うんだろう?」と。

今回はそんな疑問を解決するべく、4DXとMX4Dの違いをまとめました。調べた結果「演出効果」、「値段」などいろいろと違いが出てきました。

 

それでは「4DX」と「MX4D」の違いを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

4D映画って何?

まず違いを説明する前に「4D映画ってなんだ?」という方もいると思うので、説明します。

4D映画は通常の2D、3D映画と違い特殊な座席に座って鑑賞します。この座席は映画のシーンに合わせて座席が揺れたり、風を吹きかけられたりとまるで「ジェットコースター」に乗っているような気分を味わえます。

2D,3D映画よりも値段が「3D映画鑑賞料金+1000円」高いのがデメリットですが、映画がよりいっそう楽しくなること間違いなしなので、迷っている方がいたらぜひ一度体験して見てください!

 

4DXとMX4Dの違い

4Dの説明をしたところで、本題の「4DXとMX4D」の違いを見ていきます。名前は似ていますが、内容は違うものとなっています。

 

4DX

まず4DXから紹介します。

4DXは2009年から提供が開始されアメリカの映画館で人気となり、その後2013年5月に名古屋の中川コロナシネマワールドで初めて導入されました。

4DXの特徴は

  • シートが上下左右に揺れる
  • 風が出る
  • 水しぶきがかかる
  • 香りを楽しめる
  • 煙が出る
  • 風圧を感じられる
  • フラッシュ

以上10種類の演出が体験できます。この中で「水しぶき」の演出に関しては、座席の横にあるスイッチでON,OFFが可能となっています。

 

MX4D

続いてMX4Dの解説をしていきます。

MX4Dは2012年頃からロサンゼルスの劇場に導入されるようになり、2015年には日本のTOHOシネマズららぽーと富士見で初導入されました。

4DXはTOHOシネマズ限定となっており、限られた劇場しか導入されていません。

演出に関しては基本的に4Dと同じ演出ですが、若干違う演出が用意されています。

4DXの演出は

  • 水しぶき
  • フラッシュ(5色対応)
  • 香り
  • シートの揺れ
  • エアーブラスト(顔にかかる)
  • シートホッパー(シートが突き上がる)
  • ネックティクラー(首元に風がかかる)
  • レッグティクラー(足元に風がかかる)
  • バックポーカー(背中をつつくような効果)

以上がMX4Dの演出です。

こう見るとMX4Dのほうはシートの演出が4Dの時より増えていることがわかりますね。

 

4DとMX4Dの違いまとめ

今回は4DとMX4Dの演出の違いを紹介してきました。

この記事でわかったことは演出は大体同じだが、若干演出が異なる要素があることがわかりました。

どちらで映画を見ようか迷っているあなたは、ぜひ4DとMX4Dの両方を体験してみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です